中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

【おしらせ】2018年4月より名古屋市新事業支援センターのIT担当マネージャーに就任します(週1~2日)。

 

スポンサードリンク

すでにFacebookではお知らせしましたが、来月(2018年4月)より、名古屋市新事業支援センターの「IT担当マネージャー」に就任することが内定しました。

www.nipc.or.jp

全国各地に、様々な自治体レベルで中小企業支援機関があります。一番身近な支援機関といえば、お住まいの市町村にある商工会議所および商工会。

それ以外にも、各都道府県の支援センター(あいち産業振興機構、岐阜県産業経済振興センターなど)もあれば、国(中小企業庁)の出先機関である中小企業基盤整備機構(中小機構)など、自治体レベルで様々な支援機関が存在します。

今回、私が着任することになった「名古屋新事業支援センター」は、その名の通り名古屋市の外郭団体である「名古屋産業振興公社」の一セクションです。センターの所在地は、吹上ホールのある「名古屋市中小企業振興会館」内にあります。

f:id:kuon-manage:20180319160651j:plain

センターには、統括マネージャー以下、販路開拓、税務、知財といった専門分野のマネージャーが配置されます。私は次年度から、その中の「IT担当マネージャー」として週1回、同センターでの窓口相談または出張相談に携わる予定です。

 

スポンサードリンク

加えて次年度からは、名古屋市の予算編成によって「ITアドバイザー」を支援センター内に置くことが決まったとのことで、こちらも私が務めることとなりました。

同一センター内で同一人物が、 「IT担当マネージャー」と「ITアドバイザー」という二つの肩書を持ち、少なくとも次年度一杯は週2日同センターにてIT・Web活用に関する経営相談を担当することとなりそうです。

「IT担当マネージャーとITアドバイザーは何がどう違うの?」というややこしい問題はさておき、「事業面でのWeb活用、IT活用について相談したい」とお考えの経営者さんや創業者の方は、ぜひお気軽に「名古屋市新事業支援センター」にお越しください!

※名古屋市新事業支援センターへの相談予約は、電話(052-735-0808)または下記よりお申し込みください。

www.nipc.or.jp

※名古屋市新事業支援センターでの業務は、あくまで週1~2日なので、引き続きフリーランスとしての活用も行ってまいりますのでご安心を!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/