中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

ニコンの「純正主義」はミラーレス時代に生き残っていけるか?

 

スポンサードリンク

久々のブログ更新は、たびたび取り上げているデジカメ業界を取り巻く話題。

先週パシフィコ横浜では、デジカメ業界最大の国内展示会『CP+2018』が開催されました。

この展示会にあわせて、各社新商品を続々とリリースしてきています。

特に注目を集めたのは、フルサイズエントリーモデル『α7Ⅲ』を発表したソニー。

video.watch.impress.co.jp

キヤノンは『Kiss』ブランドでのミラーレス一眼を投入し、”ミラーレス一”分野に注力していく姿勢を明確にしました。

dc.watch.impress.co.jp

富士フイルムも、ミラーレス一眼のフラッグシップ機を発売し、この分野で存在感を高めつつあります。

dc.watch.impress.co.jp

一方で今回やや存在感が薄いのが、「二大一眼レフカメラメーカー」の一つであるニコン。レンズの新商品は発売したものの、ボディの新商品発表がないことが大きく影響したのでしょう。

 

スポンサードリンク

そんなニコンをめぐる話題で気になるニュースがもう一つ。

レンズメーカーであるシグマが開発中の新製品について、キヤノン用とソニー用が準備される一方、ニコン用がないとのこと。

digicame-info.com

上記のレポートによると、ニコン用の開発を保留しているのは「ニコンAF-Pシステムとの使い勝手に関する親和性に懸念があるため」とのこと。

こうしたシグマの姿勢から、二つのことが推測されます。

そもそもキヤノンやニコンなどカメラメーカーは、自社のレンズ(純正レンズ)を購入してもらうのが利益的にうまみがあるので、シグマやタムロンなどサードパーティが製造するレンズはある意味煙たい存在です。

しかし消費者にとっては、「レンズの選択肢が増えること」はボディを購入する決め手の一つになるので、「純正」にこだわりすぎるもの考えものです。

事実、私が愛用しているミラーレス一眼の規格「マイクロフォーサーズ」は、オリンパス社、パナソニック社どちらのレンズも使用できる点が魅力で、同規格の市場を広げた大きな要因となっています。

「顧客の囲い込み」にこだわりすぎると、かえって顧客離れを引き起こしかねません。ニコンは「純正主義」にこだわるあまり、シグマらサードパーティ製レンズを締め出してしまうこととなり、レンズの選択肢を狭めて自身の首を絞めることにつながらないか、懸念されます。

もう一つ推測されることが、「シグマはもはや、市場シェアを落としているニコンに対して力を入れない」という方針を決定したということ。

mirrorless.xyz 今後も「デジタル一眼市場」は縮小が見込まれる中、ミラーレス一眼はまだまだ成長が見込まれます。newswitch.jp

 こうした状況の中、ついにキヤノンもミラーレス市場に注力する姿勢を明確にした一方、ニコンは完全に「出遅れた」感があります。

シグマの「ニコン向けの新製品は開発しない」という姿勢も、こうしたデジタル一眼のミラーレス化の動きを見据えてのことと思われます。

2018年は、本格的に「デジタル一眼からミラーレス一眼」に移る分水嶺の年になるか!?

ニコンを始めとした各社の動きに、今後も目が離せません。

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/