読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

クラウド時代に「IT導入補助金」は有効か!?

 

スポンサードリンク

平成28年度補正予算にともなう目玉施策(ものづくり補助金、持続化補助金)も1月で締め切りということで、体も気持ちも一段落といったところの方も多いことと思います。

ところで、平成28年度補正予算関連で「これから公募が始まる」という補助金施策があります。

f:id:kuon-manage:20170118123841j:plain

それが、「IT導入補助金」。

www.it-hojo.jp

昨今、さかんに言われるようになってきた企業の「生産性向上」のため、特にIT投資を促進させよう、という狙いで打ち出された施策と思われます。

主な内容は以下の通り。

  •  補助率 : 2/3以内
  • 補助上限額 : 20万円~100万円
  • 第一次交付申請受付 : 2017年1月27日(予定)~2月末 

※予算の消化状況によっては、二次公募もあるかもしれません。

 

スポンサードリンク

趣旨としては大いに賛同するところですが、果たして中小企業(特に小規模事業者)が本施策によってどこまでIT投資を積極的に行うようになるか、疑問に感じます。

というのも今やITツールの主流は「クラウド」。

初期投資はほとんどかからず(無料というのが大半)、むしろ月額利用料を支払うというケースが大半です。

例えば、ホームページをつくるなら「Jimdo(ジンドゥー」。

jp.jimdo.com

ネットショップを開設するなら「BASE(ベイス)」。

thebase.in

税務会計なら「freee(フリー)」。

www.freee.co.jp

自社に最適な業務システム構築ならサイボウズの「kintone(キントーン)」。

kintone.cybozu.com

といったように。

もっとも、これらクラウドサービスの導入を一事業者が単体で行うには、ハードルがあることも事実。そうした外部専門家の支援も補助対象になっているようなので、うまく活用して行きたいですね!

中小企業・小規模事業者等が行う生産性向上に係る計画の策定や
補助金申請手続等について、ITベンダー、サービス事業者、専門家等の支援を得ることで、
目的の着実な達成を推進する制度となっております。

※「IT導入補助金」トップページより引用。

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/