中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

1990年代、CDミリオンセラーが続出したのは何故?PEST分析で考えてみた。

 

スポンサードリンク

はやいもので、本日で2016年もおしまい!

12月31日の昼は、年越しそばを食べながらテレビでYoutubeを流してみていました。

その時観た動画がこれ。

youtu.be

団塊世代ジュニア世代の我々が20代を過ごした、まさに「J-POP黄金時代」のヒット曲の数々!

後にも先にも、こんなにミリオンセラーが続出した年代はありません。

ネットで調べてみたら、なんとミリオンセラーの66.8%が1990年代に発売されているとのこと。

「ミリオンセラー曲の66.8%が1990年代に発売されている」マキタスポーツ | 日刊SPA!

どうして1990年代に限って、ミリオンセラーが続発したのか?

2016年最後のブログも診断士らしく、経営のフレームワークで考えてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

今回用いるのは、「PEST(ペスト)分析」という手法。

www.sbbit.jp

といっても今回は、P(ポリティックス)とE(エコノミー)は省いて、S(ソーシャル)とT(テクノロジー)について。

まずはS(ソーシャル)。

1990年代は上にも書いたように、人口ボリュームゾーンである団塊ジュニア世代が大学生から社会人になった時代。

我々世代が自由にお金を使えるようになったため、CDシングルの売上が激増したと考えられます。

そしてT(テクノロジー)。

80年代は、アナログレコードからCDへの過渡期。

ようやく90年代になってCDプレーヤー(コンポ)が普及してきました。

それまでレコードプレーヤーは「一家に一台」であったのが、CDプレーヤーが「一人一台」になったことで、市場が一気に拡大したのです。

その後のCD売上が激減したのはご存知の通り。

今や音楽は、データをダウンロードして買う時代になりました。

そして売れるCDシングルは、極端に特定グループに偏ることに・・・。

blog.livedoor.jp

今後も経営環境は、P(ポリティックス)、E(エコノミー)、S(ソーシャル)、T(テクノロジー)によって大きく変化を余儀なくされます。

2017年も、そうした変化を先取りして力強く進んでまいりましょう!!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/