中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

「拙速は巧遅に勝る」、小池百合子都知事候補は都議連を吹き飛ばすか!?

 

 

スポンサードリンク

6月29日、東京都知事選への立候補を表明した小池百合子元防衛大臣

昨日(7月5日)の自民党東京都連の石原伸晃会長との会談を経ても、自民党公認の確約を得られず、ついには公認を待たずに出馬を正式表明しました。

headlines.yahoo.co.jp

f:id:kuon-manage:20160706220452j:plain

出典:Yahoo!ニュース

そして驚いたことに、記者会見で掲げた公約の第一が、都議会への宣戦布告ともいえる「冒頭解散」

この表明に対してTwitter上では、こんな反応が。

 

 一方で、「知事には都議会解散権がない」ことを指摘する声も。

いずれにしても、石原都議連会長との会談翌日に、こうしたカードを即座に切る彼女の即断・即決力には舌を巻きます。

 

 

スポンサードリンク

対照的なのが、石原伸晃会長を始めとした都議連陣営の意思決定の遅さ

小池百合子氏出馬表明後、桜井俊前総務事務次官に立候補を打診するも固辞され、ダメだとわかると今度は、前岩手県知事である増田寛也氏に立候補を打診。

増田前知事は、「実務能力を評価してもらえて光栄」としつつも、いまだに出馬の意思を明確にしていません。

headlines.yahoo.co.jp

そして昨日、小池‐石原会談を経ての石原会長の出した結論は、「可否の判断は10日開票の参院選後に先送り」というもの。石原氏を中心とした都議連が、「小池百合子氏を公認したくない」という気持ちがありありと見えます。

それならそうで「我々は貴女を公認しない」とズバッと言えばよいのに、それすら決断しない始末。

逆に小池氏は、自民党の公認が得られないと見るや、さっさと自民都議連を見限って、晴れ晴れしい表情に見えます。

headlines.yahoo.co.jp

「拙速は巧遅に勝る」という言葉がありますが、まさに小池百合子氏の行動は、「拙速」ではあるものの、今のところ意思決定の遅い自民都議連に勝っている印象。 

www.newair.co.jp

このまま都知事選挙を突っ切ってしまうのか、他県民ながら非常に興味深く見ています。

中小企業経営においても特に今の時代、意思決定そして行動のスピードが重要ですね!!

追記:報道では、小池氏が「都議連に対する宣戦布告」だけ話したかのような 印象でしたが、就任後の政策やビジョンについて、多面的に語っていたようです。

www.sankei.com

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/