中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

横綱相手に「横綱相撲」を取っては勝てない。~稀勢の里の綱とり失敗に学ぶ~

 

スポンサードリンク

誰もが認める実力者、横綱にいちばん近い日本人力士と言われて久しい稀勢の里

今場所も終盤で白鵬、鶴竜と横綱に連敗し、自身の初優勝を逃すとともに、綱とりがまた遠ざかってしまいました。

今場所の稀勢の里は、いつになく落ち着いた相撲っぷりで、取りこぼしもなく終盤を迎え、「今場所こそはいけるかも!?」という期待を抱かせましたが、残念ながら「今場所も」期待を裏切る結果に終わりました。

今後、「なぜ稀勢の里は優勝を逃したか?」、「何が稀勢の里になりないのか?」、スポーツ紙を中心に評論、分析がなされることと思います。

 

スポンサードリンク

 私の見解として稀勢の里の敗因は、「横綱相手に横綱相撲を取ったこと」だと思います。

格下の相手には、立ち合い受けて立ち、左差しから落ち着いて胸を合わせて攻めていけば、星を落とすことはありません。

しかし、横綱相手にこうした「横綱相撲」を取っていては、勝つことができません。

白鵬が、「(稀勢の里には)何かが足りないんでしょうね」と言ったのは、そうした点を白鵬なりに感じ取ったのだと思われます。

headlines.yahoo.co.jp

f:id:kuon-manage:20160521181420j:plain

出典:Yahoo!ニュース

これを強引に中小企業経営に置き換えると、中小企業は「大企業と同じ相撲(経営)」をしていては、大企業には勝てないのです。

中小企業が大企業に勝つには、自分自身が得意なところ(強みに)徹することが不可欠です。

これをマーケティング用語でいうと、「競争地位戦略」のうちの「ニッチャー戦略」といいます(ニッチ=隙間)。

競争地位戦略 - マーケティングWiki ~マーケティング用語集~

残念ながら、稀勢の里の綱とりは出直しとなります。

次の場所では、稀勢の里には今場所の失敗を糧に、横綱相手に自身の強みを徹底的に活かした相撲で、今度こそ初優勝を勝ち取ってもらいたいものです!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/