読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

iPadで”デュアルディスプレイ”化、Duet Displayが便利!

パソコン・インターネット つれづれ

 

スポンサードリンク

「一度体験したら、もう元には戻れない!」というものは、世の中に数多くありますが、私にとってその中の一つがPCモニターのデュアルディスプレイ状態。

事務所(兼自宅)のデスクトップPCは、デュアルディスプレイにして早5年が経とうとしています。

私の場合、メインディスプレイとして主たる業務用に利用しつつ、フルHDである2つ目のディスプレイを2等分し、左半分は別のファイルを立ち上げて作業を効率化させるために使い、右半分をメールやYoutubeやSNSなどネット閲覧用として活用しています。

外部でも、このようにデュアルディスプレイ化できないか、色々模索してきました。外付けのディスプレイを購入するのも一つの手ですが、そうするとノートPC+iPad+ディスプレイと、持ち歩く荷物が一つ増えてしまいます。

↓色々情報収集する中、購入するならこれが一番よさそう。

過去には、iPadをデュアルディスプレイ化するため、Splapshtopというアプリを導入したこともありました。

しかしこのアプリでは、PCとiPadをWifiでつなぐため接続が不安定で、せっかく接続しても切断されてしまうことがしばしばあり、ストレスがたまるので結局使わずじまい。

 

スポンサードリンク

そんな中、改めてネット検索していたら、iPadをデュアルディスプレイ化する新しいアプリがリリースされていました。

その名も、『Duet Displey(デュエットディスプレイ)』

www.duetdisplay.com

このアプリの特徴は、iPadとPC(またはMac)とをケーブルでつなぐ点。

これなら、接続がプチプチ切れる心配もなさそうです。

f:id:kuon-manage:20160306163955j:plain

アプリは、iPadのAppStoreから購入可能。

ちなみにお値段は¥1,200。ディスプレイ一台を買うよりは、はるかに安価です。

アプリ購入後は、PC側でもソフトをインストールすれば、事前準備は完了!

f:id:kuon-manage:20160306163534j:plain

PCとiPadをケーブルでつなぎ、Duet Displayを立ち上げれば、お互いを認識しあいます。

あとは、外付けモニターやプロジェクター同様に、表示画面を「複製」することも、「拡張」することも可能です。

f:id:kuon-manage:20160306163535j:plain

というわけで、色々と試行錯誤を重ねたiPadのデュアルディスプレイ化は、Duet Displayの導入によって解決しそうです。

ちなみに私の場合、外出先での活用については、画面を拡張しての作業効率化改善よりも、画面を複製することで、コンサルティング中に同じ画面をノートPCとiPadに映し出すことによる情報共有に役立てられそうです!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/