読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

丸山和也議員の「黒人」・「奴隷」発言で考えるリスクマネジメント~政治家の言葉は切り取って報道されると心得よ!~

ニュース 経済・政治・国際

 

スポンサードリンク

弁護士で自民党の丸山和也参議院議員が、アメリカのオバマ大統領にからめて「黒人奴隷が大統領になるなんて」などと発言したことが話題になっています。

今回は、野党のみならず身内の自民党からも批判の声が…。

headlines.yahoo.co.jp

一連の報道に対して、「マスコミは発言の一部を切り取っただけ!」「前後の文脈から考えて、丸山議員の発言は何ら問題なし」といった擁護の声も、一部に見られます。

www.landerblue.co.jp

blogos.com

確かに過去において、マスコミが政治家の発言の一部を切り取り、「問題発言」に仕立てた例があったことは確かです。

たとえば、柳澤厚生労働大臣の「女は産む機械」発言とか・・・。

wol.nikkeibp.co.jp

しかし個人的には、今回の丸山議員の発言は前後の文脈を見ても批判されることはやむなし、と考えます。

改めて、前後も含めて修正なしで丸山発言を見てみましょう。

 例えばいま、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引く、ね。これは奴隷ですよ、はっきり言って。

で、リンカーンが奴隷解放をやったと。でも公民権もない、なにもないと。ルーサー・キングが出てですね、公民権運動のなかで公民権が与えられた。

でもですね、まさかアメリカの建国、当初の時代に、黒人、奴隷がですね、アメリカの大統領になるようなことは考えもしない。これだけのですね、ダイナミックな変革をしていく国なんですよね。

丸山議員が言いたかったことは、こんかニュアンスでしょうか。

「アメリカ合衆国ではかつて、黒人は奴隷であったが、今や黒人の血を引くオバマさんが大統領になれるほど、アメリカ合衆国とはダイナミズムあふれる国である」

 

スポンサードリンク

しかし上記のアメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引く、ね。これは奴隷ですよ、はっきり言って」という言葉足らずともいえる発言は、「オバマ大統領は奴隷であった黒人の子孫」と短絡的に言っているように見えます。

そもそも「黒人」や「奴隷」という言葉を使用する場合は、「慎重に発言すべき」という心配りがまったくなかったのが、今回の丸山議員の一番の問題点であったと私は考えます。

最近の政治家の問題発言を見てみると、一定年齢以上の男性議員は、「人種」や「性別」、「宗教」、「家族観」など多様な価値観を認めるべきデリケートな問題に対して、無頓着過ぎの感があります。

 今回の問題をリスクマネジメントの観点から見れば、「特定の言葉を切り取るマスコミが悪い」のではなく、「政治家の言葉は、しばしば切り取って報道されるものだ」という意識に欠けた丸山議員の脇の甘さが露呈した問題と言えるでしょう。

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/