読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

秋の北海道旅行1(浦河町~富良野町)

 本年、プライベートで行った唯一宿泊を伴う旅行先、それは北海道!

記憶をたどれば、北海道に行ったのは大学3年生のとき以来。

といってもその時は学生の貧乏旅行で、最南端である函館に半日ほど滞在したのみ。

本格的に北海道の旅を楽しんだのは、実質今回が初めてとなります。

今回、ツアーの行程を組んだのは私ではなく妻。

というのも、彼女は大学4年間と卒業してからしばらく、北海道に住んでいたとのこと。

土地勘のない私は、行程から宿泊先決定をすべて彼女に委ね、10月6日(金)にセントレアから新千歳空港に旅立ちました。

Pa052417

下北半島が眼下に見え、間もなく北海道です。

Pa052436

新千歳空港に到着!向こうに見えるのはクマ(?)のイラスト入りジェット機

Pa052457

レンタカーを借りて、初日の宿泊地である浦河町へGo。

Pa052481

新千歳空港から浦河町まで、何と130㎞!

次第に日が暮れ、途中から雨が降ってきました。

Pa052526

浦河町に到着したときは、日がとっぷりと沈んでいました。

海岸沿いにはイカ釣り旅船の姿が。

Pa052533

夕食は浦川町内の寿司屋さん。

Pa052537

長いドライブを終え、ひと息ついた私の姿。

Pa053155

翌朝は、青空が広がっていました。

宿泊先には、馬の銅像。

浦河町を含む日高地方一帯は、日本有数の馬の産地なのです。

Pa062564

午前中は、「うらかわ優駿ビレッジAERU」の見学ツアーに参加。

Pa063195

展望台から向こうを眺めると、あちこちに競馬馬の姿が!

Pa062572

その後は浦川町内をドライブ。あちこちに馬の姿が見られます。

Pa062647

Pa062656

お馬の親子はやはり仲良し。

Pa062706

Pa062676

牛も発見!

かなり遠くにいたのを、望遠レンズで撮影。こちらを訝しげに睨んでいました。

Pa062744

昼食を終え、2日目の宿泊先である富良野町へ!

走行距離は、ナビタイムによると203㎞の距離をドライブです。

チェックインを済ませ、ホテルの近くにある「ニングルテラス」へ。

Pa062814

「ニングル」とは、作家作家・倉本聰氏の著書「ニングル」の作品に昔から北海道の森に住む身長15cmくらいの妖精の事です。

ニングルテラスでは、自然と森の中でショッピングを楽しみ、単に売店としてどこにでも販売されている商品ではなく、富良野にしかない、富良野だからある商品を中心に販売するログハウスタイプの店舗が点在する村です。

富良野の美しい森に建つ15棟とコーヒーショップと、どなたでもご参加いただけるクラフト工房「ニングルアトリエ」があります。

以上、『ふらの北の国から』からのコピペでした。

ドラマ「北の国から」で一躍有名になった富良野町は、倉本聰ドラマの世界を維持し続けています。

宿泊地である富良野プリンスホテルから眺めた富良野町の風景。

Pa072826

富良野プリンスホテル

Pa072849

その向かいは、ドラマ『風のガーデン』のロケ地となったエリアを、ブリティッシュガーデンに仕立てています。

Pa072847

かつては、ゴルフ場だったのでしょうか。「倉本聰ドラマ」の世界観を大切にして、余計なものを取り去っているように見受けられました。

Pa072858

10月初旬ということで、花々はだいぶ散ってしまっていましたが、辛うじて残っていた花の画像をアップ。

Pa072867

Pa072872

風のガーデン』の施設。ドラマを見ていたわけではないのですが、たぶんドラマで登場した建物でしょう。

Pa072891

Pa072895

午後には、美しい風景が広がる美瑛町に出向いたのですが、長くなるのでひとまずここまで!

秋の北海道旅行2(美瑛町~札幌の旅)

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/