読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

「麻木久仁子」問題にみる危機対応

 新年、明けましておめでとうございます。本年も、「中小企業診断士えんさんの視点!」の愛読、よろしくお願いいたします。

 Twitterhttp://twitter.com/ensan7HDversion)でのつぶやきが日常化して以来、めっきりブログの更新頻度が落ちてしまっているが、本年は週に1本を目標に、こまめな更新をしていきたい。

 という訳で、本年初の話題は「麻木久仁子」問題!

 「好きな芸能人は?」と聞かれて、常々「麻木久仁子」と答えていた私としては、彼女をめぐる最近のスキャンダルは無関心ではいられない。

 とはいうものの、このブログのタイトルは「中小企業診断士えんさんの視点!」なので、単なる芸能スキャンダルを話題に取り上げるわけにはいかない。

 そこで今回は、彼女の記者会見などのやり取りを反面教師として、「危機対応」について考えてみたい。

 「妻子ある男性と付き合った」ということ、さらにはそれを妻(大桃美代子氏)のTwitterでのつぶやきで発覚してしまった、ということは別にしても(そこが「問題だ」という意見は、至極当然だが、ここでは深入りしない)、彼女はその後の対応において、2つのミスを犯した。

 第一のミスは、初めの記者会見において、「自らの過ちは過ちとして認め、詫びるべきところは素直に詫びる」という行為を怠った、ということである。

 弁護士が付き添っての記者会見、ということから、今後の裁判での対応も想定してのことだろうか、まだ婚姻状態にある山路徹氏と大桃氏との関係を、「二人の婚姻関係は事実上破たんしていた。だから不倫には当たらない。」と、彼女は開き直ってしまった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101222-00000021-ykf-ent

 さらに第二のミスは、1回目の記者会見で適切な情報開示をせずに、あとで発覚してしまった、という点だ。

 上記リンクによると、麻木久仁子氏は本格的な交際が始まった時期について、「2006年ぐらいだと思います。」と答え、山路氏と婚姻関係にあることを明言しなかった。

 彼女は、山路氏との婚姻関係について、隠し通せるとでも思ったのだろうか?これは後知恵でも何でもなく、まったく浅はかな判断であった。

 そもそも大桃美代子氏が、すでに離婚済みであった山路徹氏の交友関係に疑念を持ったのは、彼がミャンマーで拘束された際、「本名:松本徹」と報道されたのが発端であるからだ。

http://sankei.jp.msn.com/world/asia/101109/asi1011092026009-n1.htm

 芸能記者たちが、山路徹(本名松本徹)氏と、麻木久仁子(本名松本久仁子)という、既成事実を見逃していたのもお粗末であるが、それを隠し通せると判断した麻木久仁子氏もお粗末であった。

 「赤福」の例にあるように、「最初の記者会見でのごまかしが、後になって発覚する」というのは、危機対応の観点からは非常に好ましくない。

 もしかしたら、その後の裁判を有利に進めるため、との弁護士のアドバイスがあっての対応であったかもしれない。

 しかし、初期対応(最初の記者会見)での誤りによって引き起こされたイメージダウンは、その後の彼女の仕事に間違いなくマイナスに影響した。

 「知的」でならしたテレビタレント麻木久仁子氏が、そこまで思い至らなかったというのは、かえすがえすも残念なことである。

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/