読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

安易なタレント候補の擁立は通じない!

 参議院選挙が終わった。

 本日のニュースでは「民主党敗北」が共通ワード。

 公約の目玉であった、「子ども手当」、「高校無償化」、「農家の戸別所得補償制度」を駆け込み実施した甲斐もなく過半数割れした。

 一方で躍進したのは渡辺善美党首率いる「みんなの党」。

 「みんなの党」が躍進した理由については、他でもいろいろ語られているので、ここではあえては述べない。特筆すべきは、いわゆる「タレント候補」の擁立を一切せず、10の議席を勝ち取ったことだ。

 候補者にどのような人物を擁立するかは、「その政党のレベル」というより、「その政党が考える国民のレベル」を如実に表していると言える。

 そんな思いで今回の選挙結果を眺めていると、殊のほか「タレント候補」が票を獲得しきれていないという印象だ。 

 たとえば、選挙番組の放映開始早々に「当確」マークが出た谷亮子。圧倒的知名度ゆえにぶっちぎりの得票かと思いきや、最終的には民主党比例区でジャーナリストの有田芳生が37万票と谷亮子35万票を上回っていた。

 あとは自民党から三原じゅん子が当選したくらい(得票数は16.8万票)。スポーツ新聞の芸能欄を賑わせたタレント議員は、軒並み討ち死にだ。

 選挙区では大阪府岡部まり。61.8万票獲得したものの4位で落選、安倍元総理のおひざ元山口県では原田大二郎は25.6万票を獲得したものの安倍元総理の実弟に敵わず落選。

 そのほかの比例区候補は、まったく歯が立たず。民主党から立候補した池谷幸男は5.4万票、桂きん枝は4.8万票、庄野真代は4.3万票、岡崎友紀は3.5万票で落選。

 自民でも女子プロレスラー神取忍は3.2万票、田島美和は1.4万票にとどまり落選した。

 そういえば、プロ野球界からは秋田選挙区で石井浩郎自民党)が当選したものの、巨人軍の花形選手であった中畑清たちあがれ日本)、堀内恒夫自民党)は、ともに一歩及ばずも落選。

 以上のように、今回のタレント議員落選からわかるのは、「国民はそこまで馬鹿じゃない。」、ということだ(谷亮子に投票した人を除く)。

 これに懲りず、またタレントを擁立する政党が現れたら、「馬鹿にするな!」と叫ぼうではないか!

 そういえば、「たちあがれ日本」から立候補した杉村太蔵君はわずか3.1万票の得票にとどまり、あえなく落選。

 「骨太な候補者」を擁立した「みんなの党」にくらべ、「たちあがれ」なかった原因は、こんなところにあるのでは?

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/