中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

東国原知事の静かなる抵抗Ⅱ

 法律と言う枠組みを十分に尊重しつつも、宮崎県の、いや日本国における畜産業の「非常事態」ということを踏まえ、「超法規的措置」によってエース級種牛6頭を隔離を断行した東国原知事

 そうした必死の努力もむなしく、そのうちの1頭の感染が発覚した。経緯から考えると、隔離を実行する前に既に感染しており、潜伏期間を経て一昨日に感染が発覚したと考えるのが妥当だろう。

 そんな東国原知事や宮崎県の関係者に対して、心ない言葉がなげかけられているようだ。本日の東国原知事のTwitterに、こんな書き込みが見られた。

 http://twitter.com/higashitiji

「種雄牛の移動についても、様々なご批判があるが、家伝法による移動禁止規定の中で、国に掛け合い、特例措置を認めて頂き、検体による入念なチェック、受け入れ地の選定や清浄化移動など、最良最善の策に全力を尽くした。しかし、忠冨士は守れなかった。本当に残念でならない。言葉も無い。」

確かに、法に特例措置や例外規定を設ければ、結果的に、その法はザル法になってしまう恐れがある。平等性の確保の問題もある。しかし、本県種雄牛・畜産の壊滅の危機なのである。本県だけで無く、本県から子牛を出荷している30を超す都道府県の問題でもあるのだ。

 東国原知事がキレてしまった例の記者会見で、挑発した記者は「知事のリーダーシップ」という言葉を用いて、しきりに「超法規的措置」を行うようけしかけている。

 しかし、「予防的殺処分」というのは、健康な牛や豚という農家の財産を侵すこと。また、「種牛だから優先的に隔離」というのは家畜伝染病予防法を犯すことにもつながりかねない。

 だからこそ東国原知事は、現行の法律を十分尊重しながらも、「非常事態」における最低限の「特例」、「超法規的措置」の実行を、国に提案していた。 

※動画の5分過ぎに注目

 

 ちなみにウィキペディアには、「移動時に既に忠富士にはよだれの症状があり、他の種牛5頭を含む周囲にウイルスをまき散らした可能性があるという」とあるが、原典を当たってみると、それが移動時なのか報道時点でなのか、判別しかねる。

忠富士、既に症状…周囲にウイルスまき散らす?』

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100522-OYT1T00550.htm

 いずれにしても、戦争(敢えてこう表現する)が始まって1ヶ月超、ワクチン投与は半ばを過ぎたというが、殺処分対象が14万頭以上増えることとなり、まだまだ戦いは続く(そもそも、ワクチン投与で封じ込めが成功するかどうかも、まだわからない)。

 心身ともに疲弊している東国原知事、さらには県庁やJA、畜産関係者に対し、精神的に追い討ちをかけるような心ない報道は、現時点では慎んで欲しいものだ。

参考ブログ)『東国原知事の静かなる抵抗』

http://noir-kuon.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-15de.html

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/