読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

歴史にIFはないが・・・。

 宮崎県で発生した「口蹄疫」問題。昨日、局面が大きく変化した事態が2つ起こった。

一つはこれ以上の感染拡大を何としても阻止するため、半径10km以内の地域の牛・豚を、感染の有無を問わずワクチン接種の上で殺処分するという決定。

 そしてもう一つは、いち早く隔離したエース級の種牛6頭のうちの1頭に陽性反応が出たということ。

 今まで必死に感染拡大に努めていた畜産業者の方々の無念を思うと、言葉が出ない。

参考ブログ)『ついに恐れていたことが・・・。』

http://noir-kuon.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-51a3.html

 歴史にIFはないが、1週間前の参議院農林水産委員会で、赤松広隆農林水産大臣は、この「非常事態」における速やかなる政治的判断を迫る野村哲郎議員に対し、上記のいずれの提案も拒否していた。

 その理由はというと、

・健康な豚や牛を殺すということは、所有財産を国家権力が侵すということ。

 今の法律の建前上、それはできない。

法の下の平等の考えの下、種牛だけ特別扱いはできない。

 ただし、宮崎県さんが責任をもってやっていただけるのであれば、ご自由にどうぞ。

参考ブログ)『口蹄疫:5/13野村議員vs赤松農水相

http://vertaalster.blog91.fc2.com/blog-entry-101.html

 一週間前、赤松広隆農林水産大臣は、あくまで行政の長として、現在の法律の枠組みの中での対応にとどめると、かたくなに政治決断による「超法規的措置」を拒んでいた。

 現地事情を熟知している鹿児島県の議員による再三の提案も平行線。この時点で発生から3週間以上経過していたので、今さら何ともならなかったかもしれない。

 しかし、歴史を振り返った時に、当時の農林水産大臣が国家の非常事態に際してどのように考えていたのか、それを記録として残す意味で、この点について言及させていただいた。

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/