読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

グーグルも基本は”売上=客数×客単価”

パソコン・インターネット マーケティング 企業・経営者 書籍・雑誌

 一昨日に続いて、グーグルに関する書籍を読んだ。その名もズバリ、『Googleの正体』。

 『アップル、グーグル、マイクロソフト』の著書でも書いてある通り、グーグルのDNAはとにかく「情報を収集し、整理すること」。その先で、一体何をしたいのか、何ゆえあらゆるサービス(グーグルMAP、グーグルアース、そしてOSのクロームなど)を無償提供し続けるのか、いずれの著者も図りかねているところに、グーグルの企業としてのユニークさがある。

参考ブログ) 『アップル、グーグル、マイクロソフト』 2010年4月29日 (木)

http://noir-kuon.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-8b4f.html

 少なくとも確実にいえるのは、グーグルの主たる収益源は広告収入であること。その収入によって新たな投資を行い、Web上のあらゆる情報を収集し整理するという目的を、追究し続けるのがグーグルの姿である。

 そのように、今までの常識の範疇に収まらないグーグルであるが、広告収入によって「売上=客数×客単価」の最大化を図っている、という角度で見れば、その戦略はシンプルであることがわかる。

 グーグルが最大化を狙っているのは「客数」である。「客単価」、すなわち検索エンジン連動広告であるアドワーズの単価は、実に微々たる物だ。「ロングテール」という言葉はアマゾンの専売特許のように言われているが、商品の品揃えではなく、広告料金の徴収という面で、グーグルは「ロングテール」を実現している。

 つまり、テレビCMなどには手が出せない中小、零細企業が投じることが可能な単価設定を行い、幅広く広告主の獲得を実現していると言える。まさにこれが「ロングテール」である。

 そして、「客数」は「顧客数×来店頻度」に分解されるが、グーグルは、いずれも爆発的増加を見込んだ戦略を採用していることがわかる。

 まずは顧客数であるが、顧客数とはハード(端末)保有者の増加を意味する。ここで期待されるのは、当然途上国のいわゆる「ボリュームゾーン」。彼らの手にPCが広く行き渡るのは、マイクロソフトWindowsやOfficeを搭載しては高すぎる。そこで、無料OS「クローム」であり、無料のオフィスソフトの登場、という訳である。

 そして、「来店頻度」を高めるための戦略は、「携帯端末」を普及させること。デスクトップであれば、自ずから端末に向かう時間は限られてくる。携帯端末であれば、外出先での電車待ちから信号待ち、カフェやレストランなど、あらゆる空き時間での閲覧が可能となる。接触時間が増えれば増えるほど、検索回数も、そして連動型広告へのクリック数も増える、という訳である。

 このようにグーグルの戦略を見ていくと、ものの見事に我々(自分も含む)は、グーグルの狙い通りに、「クラウド」に情報をアップロードし、「携帯端末」でその接触回数を増やしていっている。少々悔しい気もするが、興味深くもあるので、しばらくはこの「化け物」企業と深く付き合ってみるとするか。

 ↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/