中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

政(まつりごと)で21世紀のリーダーは務まらない

 14日付のワシントン・ポストで「loopyルーピー)」呼ばわりされた鳩山由起夫首相。今度はウォール・ストリート・ジャーナルで、「ジャパン・バッシングならぬジャパン・ディッシング(日本切捨て)」と酷評された。

『「日本切り捨て」時代に=鳩山首相を酷評-米専門家』

4月23日11時34分配信 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000072-jij-int

 今週月曜日に麻生前首相がテレビ番組(たけしのTVタックル)にて、「鳩山内閣国益を損ねている」と指摘したが、もはや世界的に否定しようがない共通認識となりつつある。

 そんな鳩山内閣の最大のアキレス腱である「普天間移設問題」。キャンベル米国務次官補は22日、読売新聞のインタビューで、「アイデアや構想を議論するために単に会うよりも、具体的で緻密(ちみつ)に練られた計画を検討したい」と、日本側が示した案が『アイデア』あるいは『構想』のレベルを超えていないことへの不満を漏らしている。

『徳之島「構想」より緻密な提案を…米国務次官補』

4月23日14時33分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000700-yom-pol

 『アイディア』や『構想』はあっても、それを現実に立脚した具体策に落とし込めない、それが鳩山政権、さらには民主党に決定的に足りないものである。

 本日の参議院本会議においても、鳩山首相は「すべての政策の実現に職をとして努力する」、移設先については「いま真剣に検討している」と、具体的なアクションの説明は一切なく、相変わらず抽象的な精神論にとどまっている。

 鳩山首相は「思い」という言葉を多用するが、「思い」を「具体策」にし、それを「実行」しなければ、「思い」は実現できない。政治であれ経営であれ、21世紀のリーダーは「政(まつりごと)」では務まらない。鳩山首相を反面教師として、痛切に感じることである。

参考ブログ)

『「政(まつりごと)」化する鳩山政権』 2010年3月22日 (月)

http://noir-kuon.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-6a21.html

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/