中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

座標軸なきトップに未来を託せるか?

 迷走する「普天間基地移転」問題。その一番の原因が、鳩山由紀夫首相にあることは、今や誰の目にも明らかになっている。

 オバマ大統領との会談で、「Trust me」と言っておきながら、未だに決断を下そうとしない鳩山内閣に対し、ついに米国も堪忍袋の緒が切れてきたようだ。

2009.12.5 産経ニュース

『ルース米大使が日本側に激怒 岡田外相らの面前で大声張り上げる 普天間移設の年内決着断念で』

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091205/plc0912050139004-n1.htm

 以前のブログで紹介したように、鳩山首相は「外交」・「国防」という国政レベルで考えるべき問題を、「沖縄県民の気持ちを考慮して」などと沖縄県民をダシに使い、地方レベルの問題として捉えている点が、そもそも誤りである。

 それだから、沖縄県嘉手納町の宮城篤実町長にも、「わが国の安全保障、外交問題を一市民の選択に委ねて首相が務まるのか」と、厳しく非難されるのである。

2009年11月 8日 (日) 『何がやりたいの?鳩山内閣

http://noir-kuon.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-4994.html

 そして今月になって、社民党の福島代表が、「普天間基地問題」の結果いかんで、連立離脱をほのめかすと、鳩山首相は「重く受け止めなければならない」と述べたと言う。

 本日の日経新聞によると、外交問題よりも連立安定という「内政の論理」を優先した鳩山内閣を、「まるで福島瑞穂社民党党首)さんが防衛相になったようだ」という米政府内から聞かれるという情報を交え、「首相が招く 同盟の亀裂」と題して批判している。

 かつて鳩山首相が野党党首の時代に、麻生内閣との党首討論において、「あなたの言っていることは抽象論ばかりで具体策がない。政治はリアリズムの世界だ」と反論されていた。

 企業経営においては、経営者が経営者レベルの仕事を疎かにして、工場長や営業担当者のレベルでしか物事を判断できないと、その未来は危ういものになってしまう。

 国政にしてもしかり。国政、外交、防衛の観点から考えるべき問題を、内政(というか政局)や地方行政のレベルでしか物事を捉えられない鳩山首相に、果たしてトップとしての資質はあるのか?鳩山由紀夫首相の真価が、今問われている。

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/