中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

マスコミはそんなに優しくはなかった。

 昨日、日本中に衝撃を与えた中川昭一氏の急死を巡るニュース。死者に鞭打つことを控える日本人の心情から、私は「政治家としての中川昭一について、これを機会にしっかり報道してくれるのでは・・・」、と淡い期待を持っていたが、甘かった。

参考ブログ 『中川昭一氏、死去』 2009年10月 4日 (日)

http://noir-kuon.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-c538.html

 マスコミの興味は、「中川氏の死因」にあった。そして、彼らの期待したとおり、警視庁の調べで「アルコール成分が検出されていたこと」が判明、早速これを報道している。結局のところ、マスコミは中川昭一氏を、「酒に溺れて大臣の座を失い、死の直前まで酒を絶てなかった愚かな男」という印象を植えつけたいようだ。

10月5日14時17分配信 毎日新聞

『<中川氏急死>循環器系に異常 アルコール成分も検出』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091005-00000043-mai-soci

 「死の直前まで酒を飲んでいたのは事実なので、マスコミに他意はないのでは?」という意見もあるかもしれない。しかし、この事実の報道を抜きにしても、昨日から一連の報道を見る限り、「ベッドには吐しゃ物」という表現が目に付く。

 死んだ時に現場とは、(実際に見たことはないが)、むごたらしいものであるに違いない。しかし、吐いていたことが事実だとしても、それをわざわざ報道するか??マスコミは、意図的に「中川昭一の死」をカッコ悪いものにしたい、という意図があるようにしか思えない。

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/