中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

岐阜市川原町『長良川てしごと町家CASA』オープンレセプションパーティに参加してきました!

 

スポンサードリンク

鵜飼開きが行われた翌日の5月12日(土)の夕方、長良川鵜飼のお膝元である岐阜市川原町に足を運びました。

f:id:kuon-manage:20180514092537j:plain

お目当ては、本日オープンした新観光拠点『長良川てしごとCASA』のオープニングレセプションパーティ。

f:id:kuon-manage:20180514092605j:plain

『長良川てしごとCASA』は、NPO法人ORGANさんが一昨年にオープンした『長良川デパート湊店』に続く、岐阜市川原町の町家を改装してできたショップ&体験施設です。

(参考ブログ)

kuon.ensan-blog.net

「CASA(カーサ)」とはスペイン語で「家」の意味ですが、「和傘」の「かさ」ももじってのネーミングです。長良川デパート湊店では売り場面積の関係上、十分に展開できなかった和傘が、今回のお店ではズラッと並べられています。

f:id:kuon-manage:20180514092642j:plain

かつて隆盛を誇った岐阜市の地場産業と言えば、和傘。江戸時代、岐阜市南部の加納藩が藩の産業として奨励し、昭和20年代には年間1,500万本もの生産があったとのこと!

かくいう私の祖父も、一時期傘貼りの仕事をしていたことがあると聞いています。「職人」というほど大げさな話ではありませんが、かつてはこの辺りの人々は何らかの形で和傘産業とかかわりを持っていたものと思われます。

 

スポンサードリンク

店内左手には、もう一つの岐阜市の伝統産業「岐阜提灯」が展示されています。

f:id:kuon-manage:20180514092702j:plain

さらに奥に進むと活版印刷機が!

こちらでは、活版印刷による名刺・ショップカード等の印刷製造に加え、ワークショップを通じて活版印刷の体験もできるようになるそうです。

f:id:kuon-manage:20180514092731j:plain

今回私がオープンレセプションパーティに参加できたきっかけは、こちらのクラウドファンディングから。

camp-fire.jp

ささやかながら『長良川てしごと町家CASA』に向けた資金協力を行ったことで、パーティ参加その他のリターンを得ることができました。

リターンの一つとしてユニークなのが、瓦への名入れ!

私の他にも、知ったお名前をチラホラ確認することができました。

f:id:kuon-manage:20180514092801j:plain

レセプションパーティでは、『長良川てしごと町家CASA』に入居してショップや体験工房などを行う方々を紹介。

f:id:kuon-manage:20180514092843j:plain

当日配布された資料によると、下記のような方々が入居や共同利用をされるようです。

*長良川てしごと町家CASA 入居者

  • 和傘CASA(和傘、AKARI小売)
  • ORGAN活版印刷室(活版印刷・体験)
  • ミナト製傘合同会社(岐阜和傘竹骨製造)
  • 株式会社オゼキ(イサムノグチAKARI ショールーム)
  • スタジオヒヨリ(写真スタジオ)

*共有工房利用事業者

  • 高橋和傘店(岐阜和傘製造)
  • 傘日和(岐阜和傘製造)
  • 有文堂(和製本製造)
  • 安藤竹細工店(竹工芸製造)
  • 郡上木履(郡上下駄製造販売) ほか

f:id:kuon-manage:20180514092929j:plain

オープニングセレモニーは、「テープカット」ならぬ「和傘開き」!

NPO法人ORGANの代表 蒲勇介さんに加え、柴橋正直岐阜市長をはじめとした来賓の方々と、金華山・岐阜城をバックに、岐阜和傘を高らかに掲げました。

蒲さんは、「若いてしごと職人が儲けて食べていけることによって、伝統の技を未来に引き継ぎたい!」、「二歩日の和傘産地・岐阜の伝統産業を持続可能なものとするため、10年後に岐阜和傘を10億円産業にしたい!」とあいさつで熱く語られました。

『長良川てしごと町家CASA』のオープンがその起爆剤となるよう、大いに楽しみにしたいと思います!!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

セイコー・クレドールはブランドとしてのフィロソフィー(哲学)はあるか?~熊本地震で全壊した老舗時計店への仕打ちから考える。~

 

スポンサードリンク

本日、SNSで話題になったニュースから。

news.nicovideo.jp

熊本で124年の歴史を持つ「ソフィ・タカヤナギ」は熊本地震後、仮店舗で営業している。入居していたビルは現在再建中で、今年11月に元の場所で店舗をオープンできる予定だという。その状況の中、セイコーウオッチから販売ノルマを達成できなかったことを理由に取引終了の通知が届いたとTwitterで公表した。


「ソフィ・タカヤナギ」が公開した書面によるとセイコーウオッチは、「2017年1月1日より2017年12月31日までの販売金額」が基準に至らなかったため、高級時計「クレドール」の正規代理店としての認定を取り消すと通知。在庫品の返品を不可にするとともに、ブランドイメージを損ねる販売方法をとらないよう配慮を求めている。このセイコーウオッチの「確認書」は2018年1月24日付けとなっている。

対象となったセイコーのブランド「クレドール」には、こんな説明があります。

クレドールは、日本の美意識を凝縮させた時計デザインを目指しています。

世界に通用するオリジナリティ
「日本ならではの美意識」
「時代、文化を超える普遍性」
「調和の取れたプロポーション」
「細部まで配慮が行き届いた精緻さ」

クレドールのデザインは芸術性に偏らず、多くの人に受け容れられることを基本としています。しかし単に平凡で存在感のないデザインに決してならないのは、常に新しいスタイルを作り出していくという提案性を失わないからです。

www.credor.com

公式サイトに掲げる高尚なブランドコンセプトとは対照的に、九州の大都市(人口74万人)である熊本市で、124年の時を刻み続けてきた老舗時計店に対する仕打ちは、あまりに機械的で冷たいものでした。

f:id:kuon-manage:20180508221836j:plain

出典:「ソフィ・タカナヤギ」公式サイト

 

スポンサードリンク

セイコー「クレドール」は、同社の高級ブランドとして、当然バックにはブランドコンセプト、さらにはバックボーンとなるフィロソフィ(哲学)があるはずです。

しかし、残念ながらその高尚なフィロソフィ(哲学)は、末端の営業現場まで浸透していなかった、と言わざるを得ません。

ブランドを築き上げるには長い年月がかかることを、「時間(とき)」を刻み続けてきたセイコーは、どこよりもわかっていたはず。そして、ブランドイメージが崩れるのは一瞬であることも。

今回の一連の騒動を受け、セイコー社がどのような対応をとるのか、「ブランド維持」の観点から注目してまいりたいと思います。

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

「仮説思考」なきマスコミは真実に迫れるか?

 

スポンサードリンク

※今回時事ネタ(政治ネタ)を扱いますが、その問題そのものを深く取り扱うわけではないのであしからず。

本日、スナップマート株式会社代表の江藤美帆(えとみほ)さんのこんなつぶやきに、コメント付きリツイートをしたら、うれしいことにご本人さんに「いいね」をしていただきました!

 ちなみに、私のコメント付きリツイートはこちら。

言いたかったのは、「この人からこんな話を引き出そう」という考えなしにインタビューする人も、「この人からこんな話を絶対引き出していやる!」という人も、一見正反対のようで、実は「仮説思考」を持っていないという点では共通している、ということです。

「仮説志向」とは下記リンクによると、「漠然とした状況の中で、論理的な解がなくても、前提条件を置き、正しいと想定される仮説を立て、仮説のもとに検討を進めること」とあります。

www.consulting-skill.com

「仮説思考」のスキルはコンサルタントのみならず、経営者を始めとしたあらゆるビジネスパーソンに求められるものといって過言ではありません。

「仮説思考」の「仮説」とは、「仮の目的地」。「目的」なしにものごとを始めると、行き当たりばったりとなってしまいます。

一方、状況の変化や実際に動いてみてわかった新たな事実から目をつぶり、当初の仮説(目的)にこだわりすぎると、融通が利かずにこれまた目標にたどり着けなくなってしまいます。

 

スポンサードリンク

 タイトルにある「マスコミ」の取材においても、「仮説思考」は重要なスキルであると考えられます。ある程度、「この人からこんな答えを引き出そう」と考えてインタビューに臨むことは大切ですが、「事前に想定したストーリーから外れた事実を受け入れない」ようでは、真実に迫ることはできません。

f:id:kuon-manage:20180322135905j:plain

 ところが、昨今騒がれている「森友問題」をめぐり、元大蔵官僚の高橋洋一氏へインタビューを行ったマスコミ関係者は、この「仮説思考」を持ち合わせていなかったようです。

財務省(近畿財務局)による文書書き換え問題について、元大蔵官僚の立場から「官僚の政治家への忖度はあり得ない」と答えたところ、「そういう答えでは使えない(=報道できない)」と回答されたとのこと。

new-folder-all.blog.jp

「官僚の政治家への忖度はあったのではないか」というのは、あくまで仮説でしかありません。しかし、その「仮説」を「絶対的に動かしがたいストーリー」と考えているマスコミ関係者が、この問題の真実に迫れるとはとても考えられません。

「仮説」はあくまでも「仮説」。

コンサルタントも、経営者も、ビジネスパーソンも、「仮説」を持ちつつも、それは「あくまで仮説」と割り切って、柔軟に軌道修正を図っていきたいですね!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【おしらせ】2018年4月より名古屋市新事業支援センターのIT担当マネージャーに就任します(週1~2日)。

 

スポンサードリンク

すでにFacebookではお知らせしましたが、来月(2018年4月)より、名古屋市新事業支援センターの「IT担当マネージャー」に就任することが内定しました。

www.nipc.or.jp

全国各地に、様々な自治体レベルで中小企業支援機関があります。一番身近な支援機関といえば、お住まいの市町村にある商工会議所および商工会。

それ以外にも、各都道府県の支援センター(あいち産業振興機構、岐阜県産業経済振興センターなど)もあれば、国(中小企業庁)の出先機関である中小企業基盤整備機構(中小機構)など、自治体レベルで様々な支援機関が存在します。

今回、私が着任することになった「名古屋新事業支援センター」は、その名の通り名古屋市の外郭団体である「名古屋産業振興公社」の一セクションです。センターの所在地は、吹上ホールのある「名古屋市中小企業振興会館」内にあります。

f:id:kuon-manage:20180319160651j:plain

センターには、統括マネージャー以下、販路開拓、税務、知財といった専門分野のマネージャーが配置されます。私は次年度から、その中の「IT担当マネージャー」として週1回、同センターでの窓口相談または出張相談に携わる予定です。

 

スポンサードリンク

加えて次年度からは、名古屋市の予算編成によって「ITアドバイザー」を支援センター内に置くことが決まったとのことで、こちらも私が務めることとなりました。

同一センター内で同一人物が、 「IT担当マネージャー」と「ITアドバイザー」という二つの肩書を持ち、少なくとも次年度一杯は週2日同センターにてIT・Web活用に関する経営相談を担当することとなりそうです。

「IT担当マネージャーとITアドバイザーは何がどう違うの?」というややこしい問題はさておき、「事業面でのWeb活用、IT活用について相談したい」とお考えの経営者さんや創業者の方は、ぜひお気軽に「名古屋市新事業支援センター」にお越しください!

※名古屋市新事業支援センターへの相談予約は、電話(052-735-0808)または下記よりお申し込みください。

www.nipc.or.jp

※名古屋市新事業支援センターでの業務は、あくまで週1~2日なので、引き続きフリーランスとしての活用も行ってまいりますのでご安心を!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

ニコンの「純正主義」はミラーレス時代に生き残っていけるか?

 

スポンサードリンク

久々のブログ更新は、たびたび取り上げているデジカメ業界を取り巻く話題。

先週パシフィコ横浜では、デジカメ業界最大の国内展示会『CP+2018』が開催されました。

この展示会にあわせて、各社新商品を続々とリリースしてきています。

特に注目を集めたのは、フルサイズエントリーモデル『α7Ⅲ』を発表したソニー。

video.watch.impress.co.jp

キヤノンは『Kiss』ブランドでのミラーレス一眼を投入し、”ミラーレス一”分野に注力していく姿勢を明確にしました。

dc.watch.impress.co.jp

富士フイルムも、ミラーレス一眼のフラッグシップ機を発売し、この分野で存在感を高めつつあります。

dc.watch.impress.co.jp

一方で今回やや存在感が薄いのが、「二大一眼レフカメラメーカー」の一つであるニコン。レンズの新商品は発売したものの、ボディの新商品発表がないことが大きく影響したのでしょう。

 

スポンサードリンク

そんなニコンをめぐる話題で気になるニュースがもう一つ。

レンズメーカーであるシグマが開発中の新製品について、キヤノン用とソニー用が準備される一方、ニコン用がないとのこと。

digicame-info.com

上記のレポートによると、ニコン用の開発を保留しているのは「ニコンAF-Pシステムとの使い勝手に関する親和性に懸念があるため」とのこと。

こうしたシグマの姿勢から、二つのことが推測されます。

そもそもキヤノンやニコンなどカメラメーカーは、自社のレンズ(純正レンズ)を購入してもらうのが利益的にうまみがあるので、シグマやタムロンなどサードパーティが製造するレンズはある意味煙たい存在です。

しかし消費者にとっては、「レンズの選択肢が増えること」はボディを購入する決め手の一つになるので、「純正」にこだわりすぎるもの考えものです。

事実、私が愛用しているミラーレス一眼の規格「マイクロフォーサーズ」は、オリンパス社、パナソニック社どちらのレンズも使用できる点が魅力で、同規格の市場を広げた大きな要因となっています。

「顧客の囲い込み」にこだわりすぎると、かえって顧客離れを引き起こしかねません。ニコンは「純正主義」にこだわるあまり、シグマらサードパーティ製レンズを締め出してしまうこととなり、レンズの選択肢を狭めて自身の首を絞めることにつながらないか、懸念されます。

もう一つ推測されることが、「シグマはもはや、市場シェアを落としているニコンに対して力を入れない」という方針を決定したということ。

mirrorless.xyz 今後も「デジタル一眼市場」は縮小が見込まれる中、ミラーレス一眼はまだまだ成長が見込まれます。newswitch.jp

 こうした状況の中、ついにキヤノンもミラーレス市場に注力する姿勢を明確にした一方、ニコンは完全に「出遅れた」感があります。

シグマの「ニコン向けの新製品は開発しない」という姿勢も、こうしたデジタル一眼のミラーレス化の動きを見据えてのことと思われます。

2018年は、本格的に「デジタル一眼からミラーレス一眼」に移る分水嶺の年になるか!?

ニコンを始めとした各社の動きに、今後も目が離せません。

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/