中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

ニコンの「純正主義」はミラーレス時代に生き残っていけるか?

 

スポンサードリンク

久々のブログ更新は、たびたび取り上げているデジカメ業界を取り巻く話題。

先週パシフィコ横浜では、デジカメ業界最大の国内展示会『CP+2018』が開催されました。

この展示会にあわせて、各社新商品を続々とリリースしてきています。

特に注目を集めたのは、フルサイズエントリーモデル『α7Ⅲ』を発表したソニー。

video.watch.impress.co.jp

キヤノンは『Kiss』ブランドでのミラーレス一眼を投入し、”ミラーレス一”分野に注力していく姿勢を明確にしました。

dc.watch.impress.co.jp

富士フイルムも、ミラーレス一眼のフラッグシップ機を発売し、この分野で存在感を高めつつあります。

dc.watch.impress.co.jp

一方で今回やや存在感が薄いのが、「二大一眼レフカメラメーカー」の一つであるニコン。レンズの新商品は発売したものの、ボディの新商品発表がないことが大きく影響したのでしょう。

 

スポンサードリンク

そんなニコンをめぐる話題で気になるニュースがもう一つ。

レンズメーカーであるシグマが開発中の新製品について、キヤノン用とソニー用が準備される一方、ニコン用がないとのこと。

digicame-info.com

上記のレポートによると、ニコン用の開発を保留しているのは「ニコンAF-Pシステムとの使い勝手に関する親和性に懸念があるため」とのこと。

こうしたシグマの姿勢から、二つのことが推測されます。

そもそもキヤノンやニコンなどカメラメーカーは、自社のレンズ(純正レンズ)を購入してもらうのが利益的にうまみがあるので、シグマやタムロンなどサードパーティが製造するレンズはある意味煙たい存在です。

しかし消費者にとっては、「レンズの選択肢が増えること」はボディを購入する決め手の一つになるので、「純正」にこだわりすぎるもの考えものです。

事実、私が愛用しているミラーレス一眼の規格「マイクロフォーサーズ」は、オリンパス社、パナソニック社どちらのレンズも使用できる点が魅力で、同規格の市場を広げた大きな要因となっています。

「顧客の囲い込み」にこだわりすぎると、かえって顧客離れを引き起こしかねません。ニコンは「純正主義」にこだわるあまり、シグマらサードパーティ製レンズを締め出してしまうこととなり、レンズの選択肢を狭めて自身の首を絞めることにつながらないか、懸念されます。

もう一つ推測されることが、「シグマはもはや、市場シェアを落としているニコンに対して力を入れない」という方針を決定したということ。

mirrorless.xyz 今後も「デジタル一眼市場」は縮小が見込まれる中、ミラーレス一眼はまだまだ成長が見込まれます。newswitch.jp

 こうした状況の中、ついにキヤノンもミラーレス市場に注力する姿勢を明確にした一方、ニコンは完全に「出遅れた」感があります。

シグマの「ニコン向けの新製品は開発しない」という姿勢も、こうしたデジタル一眼のミラーレス化の動きを見据えてのことと思われます。

2018年は、本格的に「デジタル一眼からミラーレス一眼」に移る分水嶺の年になるか!?

ニコンを始めとした各社の動きに、今後も目が離せません。

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

平成29年度補正予算での「IT導入補助金」は、大盤振る舞い!?

 

スポンサードリンク

昨日(2017年12月14日)の日経新聞記事によると、昨年度(平成28年度補正予算)から始まった「IT導入補助金」が今年度補正予算にも組み込まれるようです。

f:id:kuon-manage:20171215103221j:plain

記事によると、予算総額はなんと5倍の500億円!

www.nikkei.com

一方で一社あたりの補助上限額は50万円と、今年度の半分とする見込み(税抜き75万円の費用に50万円の補助がマックス)。

単純計算ですと、採択事業者は5倍×2倍=10倍となります。事実、上記報道では「13万5千社の利用を想定」とあります。

 

スポンサードリンク

今年度は初めての公募ということもあり、一次公募は非常に採択率が高かった(ほとんど=8割~9割が採択)と聞いています。

ただし二次公募は、認知度も上がり公募期間も長かったことから狭き門となり、競争率3倍~4倍程度だったようです。ちなみに私が支援した事業者はいずれも採択に至り、本補助金を活用してホームページを開設することができました。

kuon.ensan-blog.net

さらに次回は、予算が10倍の採択事業者ということで、記事にあるような「バラマキ」、要は「出せば通る」施策となる可能性が大いにあります。

気になるところとしては、採択事業者をフォローする「IT導入支援事業者」のマンパワーは限られること。現場レベルでは、「10倍採択するから10倍導入支援」というのは無理が出てくるような予感が・・・。

いずれにしても、「補助金が出そうだからエントリーしてみる」という安易な姿勢ではなく、これを機に「自社が生産性向上を実現するためには、何をすべきか」、まずはじっくり考えてみることから始めることが重要ですね! 

↓これを機に「ホームページを開設したい」という方は、こちらもぜひご覧ください。

www.kuon-manage.jp

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

ソニー復活!デジカメ部門から、好調の要因を考えてみた。

 

スポンサードリンク

ソニーがこのところ元気です。3月期の連結業績予想は上方修正、「20年ぶりの最高益へ」なんてニュースも目にしました。

jp.reuters.com

一方で別のサイト(デジカメinfo)によると、今年ソニーが発売したデジタルカメラの数は1998年以降で「最低」とのこと記事が。

digicame-info.com

上記デジカメインフォに掲載されていたグラフがこちら。数年前までは20機種前後発売していたのが、2015年から一桁に、そしてついに今年はわずか4機種となったようです。

f:id:kuon-manage:20171213124205j:plain

冒頭に紹介した「業績好調」と、「最低」というネガティブな表現とは、なんだか相矛盾したものを感じさせます。むしろ、「意識的に、戦略的に機種数に絞り込んだ」というのが正解で、「最低」というより「最少」という表現が適当なように思われます。

 

スポンサードリンク

その証拠に、「レンズ交換式フルサイズカメラ」で国内シェアは、ニコンを抜いて2位に躍進!

digicame-info.com

 昔も今も、「カメラのツートップはキヤノンとニコン」と相場が決まっていました。

しかしここに来て、ソニーがニコンの牙城を崩してきている印象です。

大きな流れでは、ミラーあり・OVF(光学ファインダー)デジカメから、着実ミラーレス・EVF(電子ファインダー)へと移行しつつあります。例えば、こちらの若手ユーチューバは、最近ニコンのデジカメを売却し、ソニーのデジカメ(α7R III)を購入したことを告白しています。

youtu.be

少なくともデジカメの分野では、「家電メーカー」であるソニーが着実にシェアを伸ばしている様子。しかも機種を絞り込み、いずれも高価格帯の製品ばかりなので、利益率も良いのは間違いありません。

 一度は「終わった」と言われたソニー、今後の躍進にさらに期待が持てます!!

 

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

『ブラタモリ』、『鶴瓶の家族に乾杯』で考える新たな観光のカタチ。

 

スポンサードリンク

昨今、「テレビ離れ」が盛んに言われていますが、わが家(というか私)が好んでみるのが「旅番組」!

視聴スタイルは、「じっくり観る」というよりも、とりあえずテレビをつけっぱなしでの「ながら視聴」が多いです。

地上波からBSまで、さまざまな旅番組(「地方ぶらつき歩き」的番組も含む)が制作・放映されていますが、その大半がグルメ、温泉、歴史・観光スポット巡りで、最近では「体験」も欠かせない要素となっています」。

そんな中で、確固たる存在感を放っているのが、一つは『ブラタモリ』、そしてもう一つが『鶴瓶の家族に乾杯』でしょう。

『ブラタモリ』は、今までの旅ではなかった視点すなわち「地形」に着目し、タモリならではの視点で訪問地を掘り下げています。

www.nhk.or.jp

最近では、地元「岐阜市」が取り上げられ、関係者の間で大いに盛り上がっていましたね。

www.nhk.or.jp

 

スポンサードリンク

そしてもう一つ、『鶴瓶の家族に乾杯』は何と放送20周年を迎えたとのこと!

www4.nhk.or.jp

この番組の売りは何といっても、笑福亭鶴瓶(&ゲスト)が「ぶっつけ本番の旅」で訪問した地での、「様々な人たちとのふれあい」です。

f:id:kuon-manage:20171212114941j:plain

出典:NHK公式サイト

その後、同じような番組は多々出てきましたが、笑福亭鶴瓶の「初対面でパッと気心知れた関係になれる」という人間的魅力は、類似番組の追随を許さない絶対的な強みとなっています。

「旅番組」を「観光サービス」におきかえると、従来の「食」、「温泉」、「歴史文化」、「美しい景観」だけでは、もはや差別化が困難。

それ以外の切り口で人を惹きつける必要性が高まっています。

『ブラタモリ』では「地形」、そして『鶴瓶の家族に乾杯』では「その地での人々とのふれあい」。今後の観光のカタチを考える、大きなヒントを提供してくれる番組といえるでしょう!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【ホームページ制作事例】タイヤ専門店 明成様(岐阜県岐南町)

 

スポンサードリンク

ホームページ制作事例、第6弾は岐阜県岐南町でタイヤショップを営む『タイヤ専門店 明成』様。

タイヤ専門店 明成は、国道21号線「岐南インター」降りてすぐの場所にあります。「こちらの看板が目印」、ということでトップページには看板をドーンと掲載しました。

f:id:kuon-manage:20171203224913j:plain

同店の特徴は、普通乗用車のみならず商用車・小型トラック、大型車両への対応を得意としているところ。店舗の前面には、大型車両向けスペースが確保されています。

 

f:id:kuon-manage:20171203225134j:plain

www.taiya-meisei.jp

もちろん、ハード・設備面だけでなく、技術力も自慢です。20年以上キャリアのあるスタッフをはじめとした確かな技術と、親切・丁寧なサービス提供をモットーとしています。

f:id:kuon-manage:20171203225157p:plain

www.taiya-meisei.jp

今回、同社がホームページの開設(正確にはリニューアル)を行うきっかけは、一つは先ほど紹介した看板を最近設置したので、リアルのみならずウェブ上でのPR力を強化したいということ。

 

スポンサードリンク

そしてもう一つは、「買取や点検サービスをウェブ上で行えないか?」という構想を実現するため。

そこで、ウェブ上で実施するにあたっては、新たにシステムを構築するのではなく、すでに普及しているコミュニケーションツールとして、LINE(ライン)を使うことを提案しました。

f:id:kuon-manage:20171203225207p:plain

現在は、タイヤ交換の繁忙期なので「準備中」扱いですが、一段落したところでLINE査定による無料タイヤ点検サービスも開始する予定です。

www.taiya-meisei.jp

岐南町は国道21号線・22号線が交わる場所であり、東西南北どこからでもアクセスしやすい場所にあります。

安心してタイヤの組替や不要となったタイヤの買取、無料点検をご検討中の方は、ぜひ「タイヤ専門店 明成」様までお問合せ下さい!

www.taiya-meisei.jp

ついでながら、「ホームページの開設・リニューアル」をお考えの方は、こちらのページもあわせてご覧ください。 

www.kuon-manage.jp

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/