中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

ベテランも熟練者も「絶対安全」はない!~那須町の雪崩事故で考える~

 

スポンサードリンク

こんにちは、中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志です。

桜もぼちぼち開花し始め、ウキウキした気分になりますね!

そんなウキウキ気分に反して本日のテーマは、先日那須町で起きた雪崩事故の話題。

事故の概要は、皆さんニュースで十分にご存じのことと思います。

f:id:kuon-manage:20170404120251j:plain

3月27日、栃木県那須町で登山講習会参加中、県立大田原高校の生徒と教員の計8人が犠牲となったという、痛ましい事故です。

事故発生家から一週間が経過し、様々なことが明らかになって来ました。

今回の事故は天災というよりも、準備不足や警戒不足によって、いわば「起こるべくして起きてしまった」事故であったようです。

詳細は今後さらに明らかになってくるでしょうが、とりあえず現時点でわかる範囲で紹介。

headlines.yahoo.co.jp

雪崩注意報が出ていた栃木県那須町の雪山で先月27日、登山安全講習会に参加した県立大田原高山岳部の生徒ら8人がラッセル訓練中に雪崩で死亡した事故で、主催者の県高校体育連盟登山専門部が、雪に埋まった際に呼吸空間を確保する生存法を周知せず、事前に表層雪崩を予測する「弱層テスト」も怠っていたことがわかった。

headlines.yahoo.co.jp

 那須山岳救助隊の高山昭彦さんは、「自分は、ここの救助隊なので、ここが危険だとよく知っていて、一度も行ったことがない。最初に行って感じたことは、本当に、これは大変なことになっているというのと、なぜここに...、大事な子どもたちを連れてきたのか」と話した。
事故現場は、1997年に林野庁が「雪崩危険箇所」として栃木県に通達していた一帯で、登山講習を主催した栃木県高校体育連盟は、国有林に入る際に必要な入林届が未提出だったという。

少なくとも登山の専門家や現地の地理に明るい人から見ると、注意報が出ていたタイミングで事故が置きた場所に出向いたこと自体が無謀な行動であり、また事故の犠牲を最小限にとどめるための準備も怠っていたことは間違いないようです。

 

スポンサードリンク

一方で、事故を引き起こしてしまった講習会責任者の会見によると、「当時は絶対安全だと判断した。現地にいた登山経験が長い教諭2人と相談して決めた」とのこと。

headlines.yahoo.co.jp

会見によると、安全と判断した根拠については自らの「経験則」と、現場責任者の教諭は語っています。

このブログでは、責任者である教諭について責め立てるつもりはありません。

ただ、この事故から私たちが学ぶことがあるとすれば、企業経営においても「経験則から絶対安全」ということはない、ということです。

特に私たちのような士業・専門家については、常に最新の情報を仕入れ、自身の腕を磨き続けなければ、世の中から必要とされなくなってしまいます。

今後も「絶対安全」と慢心することなく、精進してまいりましょう!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

『ゼクシィ』がなぜ婚活支援事業(ゼクシィ縁結び)を始めたか考えてみた。

 

スポンサードリンク

f:id:kuon-manage:20170324074732j:plain

最近電車に乗っていると、あちこちで『ゼクシィ縁結び』の広告を見かけることが多くなってきました。

zexy-enmusubi.net

『ゼクシィ』といえば、ブライダル情報誌で圧倒的なシェアを誇るガリバー的存在。

ネット情報では、ブライダル情報誌のシェア60%を占めるといわれています。

y-mashiyama.com

そんな『ゼクシィ』が、なぜ婚活事業に力を入れ始めてきたのか?

狙いは2点。

一つは「顧客の囲い込み」、そしてもう一つは「市場の拡大(維持)」です。

 

スポンサードリンク

「顧客の囲い込み」は、わかりやすい所かと思います。

「結婚を決めてから」ではなく、「結婚する前」からゼクシィと接点を持っておく。

そうすることで、式場選び等で本家『ゼクシィ』への誘導がしやすくなり、ブライダル情報誌市場におけるシェアの維持・拡大を図ることが可能となります。

もう一つの「市場の拡大(維持)」

いうまでもなく少子化の進行によって、今後ブライダル市場は急速に縮小していくことが予想されています。

f:id:kuon-manage:20170324080601j:plain

出典:厚生労働省

上記グラフの通り、「婚姻件数」は右肩下がり。さらに婚姻件数の母数となる「出生数」は団塊ジュニア層をピークに急減しており、婚姻件数の激減は避けられません。

加えて「未婚率の上昇」、さらには「結婚はするけど式は挙げない」という層が増えれば、輪をかけてブライダル市場の縮小が進行します。

「ゼクシィ縁結び」は、こうしたブライダル市場の縮小に歯止めをかけるため、業界最大手という資本力を活かし、婚活市場に乗り出したものと考えられます。

経営学的に言うと、ゼクシィの戦略は「コトラーの競争地位戦略」におけるマーケットリーダーの戦略に合致します。

biztips.ohmae.ac.jp

・マーケットリーダー
シェアがその市場でトップである企業がこれに分類される。
採るべき戦略としては、市場規模を拡大することである。
市場規模の拡大によりトップシェアである企業が最も恩恵を受けるからである。

すなわちゼクシィは、「ブライダル情報誌」市場におけるリーダーとして、市場拡大(今回の場合は維持)を図るため、婚活時支援事業「ゼクシィ縁結び」を始めたと言えます。

「今は、特定市場で確固たる地位を築いているけど、今後市場そのものが縮小しかねない」と考えている経営者にとっては、大いに参考となる事例と言えるでしょう!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【提案】岐阜市といえば織田信長だけ?岐阜市は「婿殿のまち」としてPRしよう!

 

スポンサードリンク

今年(2017年)は、織田信長が岐阜城に入場して450年とのこと。

岐阜市では、「岐阜市信長公450プロジェクト」と題し、大々的にキャンペーンを実施するようです。

www.nobunaga450.jp

市役所庁舎には、信長と濃姫のイラスト入り横断幕が、ドーンと掲げられています。

f:id:kuon-manage:20170227221606j:plain

撮影:遠藤久志

私個人としては、岐阜市が「織田信長」にのみ注目することに、いつも違和感を覚えます。

たしかに、この地を「岐阜」と命名したのは織田信長のようですが、「信長ゆかりの地」はほかにも多々あります。

例えば、信長が岐阜進出前の居城であった清州城の清須市

清須の人物伝 清須市ホームページ

例えば、信長の最期にして最大の居城であった安土城の安土町(今は近江八幡市の一角)。

安土の観光

戦国時代で最も人気の高い織田信長は、その他の地域でも「観光の顔」として、各地で取り合いの状況となっています。

ちなみに最近では、「信長公の奪い合い」ではなく、互いに連携しようなんて動きも出てきているようです。

f:id:kuon-manage:20170302125042j:plain

出典:信長公の夢街道 - 信長公居城連携協議会

いずれにしても信長一本では、各都市の中の「One of Them」で埋もれてしまいます。

 

スポンサードリンク

では、岐阜市を代表する戦国ヒーローは織田信長しかいないのか?というと、さにあらず。

忘れてはいけない、そう「斎藤道三」

f:id:kuon-manage:20170302125643j:plain

出典:ウィキペディア「斎藤道三」

かつては司馬遼太郎の『国盗り物語』で織田信長とともに主役を務めた戦国武将。

ヒール的な感じもしますが、十分ヒーローとしての資質を備えています!

道三はご存知の通り、信長の正妻である濃姫の父親。信長とは、義理の父・婿殿の関係にあります。

道三&信長のセットであれば、国内広しといえども岐阜市だけ!

そこで提案。

道三&信長にちなみ、岐阜市を「婿殿のまち」としてPRしてはいかがでしょう?

観光大使には、芸能界を代表する「義理の父・婿殿」の関係である内田裕也とモッくん(本木雅弘)を任命

f:id:kuon-manage:20170302130520j:plain

出典:内田裕也公式サイト

内田裕也氏が元気なうち(失礼)に、岐阜市商工観光部の皆さん、ぜひご検討ください!!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

「プチ起業家」のため年収・所得の壁についてまとめてみた。

 

スポンサードリンク

昨日は、某所で「創業セミナー」受講者に対する個別相談でした。

その中で、特に女性の「プチ創業」を志向する方に多いのですが、

「事業をあまり大きくするつもりはない」

「生活費そのものは、旦那さんが稼ぐ」

「できれば扶養の範囲内に収められないか」という声を聞かれました。

f:id:kuon-manage:20170302104102j:plain

そこで、私は税務の専門家ではないですが、公表されている事実(国税庁)に基づき、「プチ起業家」のための年収・所得の壁についてまとめてみました。

1.「所得20万円」の壁

給与所得者で、給与所得以外の所得が年間20万円以下の場合、確定申告の必要はありません。

出典:No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人|所得税|国税庁

ちなみに「所得」とは、ざっくりいうと売上から経費を差し引いた額なので、売上が20万円を超えても、原価や必要経費を差し引いて20万円以内なら確定申告不要です。

典型例としては、ハンドメイド品や中古品をイベントやネットで販売したり、趣味の音楽でときどきギャラをもらうなどの事業が、多くあてはまるでしょう。

2.「所得38万円」の壁

年間の合計所得が38万円を超えると、扶養控除の対象から外れます。

出典:No.1180 扶養控除|所得税|国税庁

扶養控除が外れる基準としては、「給与所得103万円」が一般的に知られていますが、給与所得以外の実入りがある場合には、途端にハードルが下がります。

要は「自ら稼ぐ人」は、所得が少なくとも扶養控除の対象から早々に外すということでしょう。

 

スポンサードリンク

3.「所得103万円」の壁

こちらは扶養控除ではなく、所得税支払いに絡んでの話。

「青色申告」を行うと他に控除対象(医療費控除や生命保険控除等)がなくとも、「青色申告特別控除」として65万円「基礎控除」として38万円が自動的に控除されます。

出典:No.2072 青色申告特別控除|所得税|国税庁

出典:No.1199 基礎控除|所得税|国税庁

そのため総所得が103万円までであれば、他の控除がなくとも所得税支払いはゼロ円となります(ちなみに課税所得が発生すると、最小で5.021%の税金:所得税&復興特別所得税がかってきます)。

(追記)

 ここまで書いたのは、税金(主に国税)についてですが、社会保険料については「所得130万円」が次なる壁となりそうです。

manetatsu.com

 といった感じで、「プチ創業」の場合の年収・所得には、数段階の「壁」が存在します。「プチ起業」を考えている人は、自身が「どこまで事業を大きくしたいか」「事業に本格的に取り組んで行きたいか」を基本に、上記の「壁」についても頭に入れていくとよいでしょう!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

クラウドファンディングを成功させる7つのポイント(事前準備編)

 

スポンサードリンク

またまたクラウドファンディングの話題。

すでにネット上では、様々なプラットフォーム上にクラウドファンディングのプロジェクトが立ち上がっています。

「表に見えるプロジェクト内容はわかるけど、その裏でどんな準備をすればよいの?」と感じている方も多いことと思います。

というわけで今回は、「クラウドファンディングを成功させる7つのポイント」と題し、プロジェクト開始までの事前準備についてご案内します。

1.プロジェクトの企画

f:id:kuon-manage:20170221162325j:plain

まずはプロジェクトのテーマを決定。ここがすべての出発点となります。

クラウドファンディングは、「企業や団体全体を支援する」というよりも、その企業や団体が実施する特定のプロジェクトの支援に向いています。

例えば、こんなテーマで。

kuon.ensan-blog.net

加えてこの段階で、プロジェクト実施期間目標金額リターン内容を考えておくとよいでしょう。

2.プラットフォームの決定~申し込み

企画概要が固まったら、どのプラットフォームを利用するかを決定する必要があります。

プラットフォームによって、活用できるコースや相性が良いプロジェクトが異なります(社会貢献や地域活性化プロジェクト向きや、新商品のテストマーケティング向きなど)。

このあたりのエントリーもご参照ください。

kuon.ensan-blog.net

kuon.ensan-blog.net

なお、エントリーしたとしても企画内容やプロジェクト成立の見込みによっては、審査で落とされる可能性がある点もご注意を。

3.コンテンツの作成

決定したプラットフォームに登録し、コンテンツを作成します。

基本はわかりやすく、かつ思いが伝わる内容で。

文章に加え、魅せる画像(動画含む)も重要となります。

4.リターン品の準備

少なくとも、ページに掲載するイメージ画像を撮るために。

リターン品は具体的であればあるほど、支援者は選びやすくなり、離脱するのを防げます。

なお、本品についてはプロジェクト終了後の発送時までに準備すればよいでしょう。

 

スポンサードリンク

5.SNSでの協力依頼

クラウドファンディング実施の中で、もっとも効力を発揮するのはFacebookを始めとしたSNS

日ごろから色んな人とつながりを持ち、信頼関係を築いておくことが、クラウドファンディング実施においても重要となります(単に、SNSでつながっているだけでなく)。

なお協力依頼には、直接の支援の依頼に加え、情報の拡散をお願いするというのもありです。

6.ホームページやブログでの告知

SNSともかぶりますが、日ごろから自社メディアを持っておくことが重要です。

少なくとも開催直前からプロジェクト期間中は、バナー等でトップページの目立つところに「クラウドファンディング実施」がわかる状態とし、リンクを貼っていくとよいでしょう。

7.プレスリリース実施~メディア掲載

自社メディアに加え、公のメディア活用も大きな効力を発揮します。

少なくとも今のご時世(2017年2月時点)では、「地域のがんばる中小企業等がクラウドファンディングを実施」という話題は、比較的掲載されやすい状況にあります。

事前にプレスリリースを実施し、メディア掲載時にはすでにプロジェクトが公開されているというタイミングだとベストですね!

 

といった感じで、「クラウドファンディングを実施する」といっても、単にプラットフォームに申し込んでページ作成すればOK、というわけではありません。

上記のような7つのポイントをしっかり準備し、クラウドファンディングを成功させましょう!

※次回は「プロジェクト実施後」のポイントについて書く予定です。

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/