読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

「名古屋市魅力アップ」のカギは熱田区にあり!熱田区のビミョーな立ち位置を考えてみた。

 

スポンサードリンク

一年ほど前、『岐阜「県」における岐阜「市」のポジショニングについて考えてみる。』というブログを書いてみましたが、今回はその第二弾!

kuon.ensan-blog.net

住み始めてまもなく6年となる名古屋市熱田区のビミョーな立ち位置について考えてみました。

1.東海地区ナンバーワンの初詣スポット「熱田神宮」がある!

熱田区と言えば、何といっても熱田神宮

初詣参拝客は東海地区ナンバーワンの230万人。全国でも第7位となる全国有数の神社です。

sp.jorudan.co.jp

↓ちなみにわが家は今年、元旦に行ってきました。

f:id:kuon-manage:20170203090612j:plain

しかし、普段の商店街の様子はというと・・・。

いわゆる「シャッター商店街」

商店街挙げてのイベント「あつた朔日市(ついたちいち)」があっても、土曜日だと半分以上のお店がシャッターをおろしていました。

せっかく「熱田神宮」という有数の集客スポットがあるというのに、地の利を活かしているとはいいがたい状況です。

f:id:kuon-manage:20170203095157j:plain

2.居住人口は名古屋市最少!

初詣参拝客が多く集う一方、居住人口は16ある名古屋市の区の中で最少の6.6万人

f:id:kuon-manage:20170203095713j:plain

出典:名古屋市:毎月1日現在の世帯数と人口(全市・区別)(市政情報)

名古屋市全体での人口が230万人(2017年1月1日現在)あるのですが、そのうちわずか2.9%という少なさです(最多の緑区は24.3万人)。

3.神宮前駅はあらゆる電車が停まる!

名鉄「神宮前駅」は、特急から普通列車まであらゆる電車が停まる重要な駅です。

そのような駅は、名鉄の中では名駅(名鉄名古屋駅)金山駅と、神宮前駅の3つのみです(私の知る限り)。

ちなみに神宮前駅は、名鉄岐阜駅と豊橋駅のちょうど中間地点ということで、車掌さんが交代する「分水嶺」のような位置づけにもなっています!

4.JR熱田駅は普通列車のみ

一方、JR熱田駅に停まる列車は普通列車のみ。

半数の電車は熱田駅を通過していきます。

現在名古屋市では、メーエキ(名駅)のメーエキ(迷駅)状態脱却を目指し、金山総合駅のようにしたい計画があるようです。

newswitch.jp

ぜひともこの勢いで、神宮前方面の総合駅化も推し進めていただきたいところです。

 

スポンサードリンク

といったように、熱田区在住の身として、思いつくままに熱田区のビミョーな位置づけについて述べてきましたが、「名古屋市の魅力向上」につながる「魅力の原石」を持っているのが熱田区だと思います。

「もっとも魅力に欠ける街」名古屋市脱皮のカギは、熱田区にあり

matome.naver.jp

河村市長、そこんとこよ~く考えてチョーよ(名古屋弁風)! 

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

『IT導入補助金』のポータルサイトの使い勝手が、著しく悪いので驚いた!

 

スポンサードリンク

先日のブログでも懐疑的な印象をもった経済産業省の『IT導入補助金』1月27日に公募が開始され、その全容が明らかになりました。

こちらが、専用ポータルサイトのトップページ。

f:id:kuon-manage:20170131163613j:plain

その事業目的は、以下の通り。

本事業は、中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的としています。
中小企業・小規模事業者等が行う生産性向上に係る計画の策定や補助金申請手続等について、ITベンダー、サービス事業者、専門家等の支援を得ることで、目的の着実な達成を推進する制度となっております。

本制度の枠組みとしては、事業者が自由に選んだITツールではなく、あくまで本サイトに登録されたITシステムのみが補助対象となっているという点。

ということは、いかに自社に最適なシステムを選定するかが、まずは非常に重要なポイントとなるわけです。

 

スポンサードリンク

どんなシステムが登録されているか、サイトの中をあれこれ探し回って、ようやくこのページにたどり着けました。

f:id:kuon-manage:20170131163736j:plain

ちなみに、(私の知る限り)このページにたどり着くためには、『補助事業者(中小企業・小規模事業者等)の皆様』のページから、『交付申請の手引き』のPDFを読み進める必要があります(ほかの方法があったら誰か教えて)。

f:id:kuon-manage:20170131163746j:plain

ここは、PDFページ内ではなく、トップページの一番わかりやすい場所にバナーを設けるべきでしょ!?

【2月1日追記】

トップページ上部の白いバナー「【検索】IT導入支援事業者」から、目的ページに行けるようです。

しかし、ユーザー視点で言うと「IT導入支援事業者(=ITベンダー)」から検索しようとは思わないですし、何よりバナーなのに白色というのがわかりくにい!

 

 そんなモヤモヤを抱えながら、こちらの絞り込み検索を行ってみました。

対応エリアを「岐阜県」でやってみると、該当するデータは本日現在453件

この時点で、個別に見てみようという気が失せます。

f:id:kuon-manage:20170131163802j:plain

さらに絞り込みをかけ、「飲食・サービス」にチェックを入れてみても、まだ243件という候補数・・・。

 

f:id:kuon-manage:20170131163817j:plain

仕方がないので、個別のITツールページを見てみると・・・。

f:id:kuon-manage:20170131163832j:plain

う~ん、この情報から、自社の最適なITツールを選定するのは至難の業という気がします。

スキームでは、登録された『IT導入支援事業者』に加え、ミラサポ専門家の支援を受けながらITツールを検討するという、流れもあるようです。

それにしても、当支援策の円滑な利用のためには、ポータルサイトの使い勝手向上が急務!!

「生産性向上を図る」ための支援策サイトが、中小企業の生産性向上を阻害してどうする!というのが、今のところの感想です。

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

あいち産業振興機構『起業家ビジネスプラン発表会』に参加してきました!

 

スポンサードリンク

昨日(1月26日)は、あいち産業振興機構主催の『起業家ビジネスプラン発表会』に参加してきました。

(公式サイト)

起業家ビジネスプラン発表会

ここ最近、私自身が創業セミナー講師の仕事が増えてきていることもあり、情報収集集のため、一受講者として参加してみました。

当日は「あいち産業振興機構」で支援を受けた起業家のうち、特に優れたビジネスプランを持つ5名が60名の参加者を前にプレゼン。自社のPRや販路開拓先や提携先、支援先等を求めていこう、という趣旨のイベントです。

 

スポンサードリンク

ちなみに、5名のうち4名は女性起業家!「今までにない新たなサービスを立ち上げ」というジャンルでは、男性より女性の方が柔軟な発想を持っているようですね。

トップバッターは、高齢者がより快適な在宅生活をおくるためのサービス展開を行う、「ハッピィライフ・とりむ」の熊澤弥生さん。

f:id:kuon-manage:20170126232645j:plain

二番手は、彼女自身が開発した学ぶスキル「コクリエメソッド」の講師養成講座事業をを新たに立ち上げよう、という「コクリエ国語教室」の黒川葉子さん。

f:id:kuon-manage:20170126232640j:plain

3番手は、ハンドメードで宝石のような造花(ジュエリー+フラワー)の販売事業を展開する「ジュラワー」の深谷知子さん。

f:id:kuon-manage:20170126232641j:plain

特に成人式が一番の販売のピークとのことで、別会場ではそのサンプルも展示されていました。

f:id:kuon-manage:20170126232644j:plain

4番目は本イベントで唯一の男性プレゼンター、「ランコレクション」の竹中晴朗さん。

空前のマラソンブームながらとかく自己流に陥りがちな、ランニングについてのスポーツインストラクター事業を展開されています。

f:id:kuon-manage:20170126232642j:plain最後は「感覚評価ラボ」の石黒智代さん。自身の勤務経験で習得した、官能評価による商品開発技術指導を、本格事業化していこうとされています。

f:id:kuon-manage:20170126232643j:plain

といった感じで、いずれの方も自分自身の経験や専門知識を活かしながら、世の中の「お困りごと」や「ニーズ」を解決すべく、それぞれの事業についての”熱い思い”を語っていただきました。

本イベントを契機とした、今後の彼女・彼らの事業について、今後も見守っていきたいと思います!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

津島市「創業者育成スモールスポット事業 つしまテンポラリー」、好評開催中!

 

スポンサードリンク

現在津島市の事業として、創業促進のため『創業のための津島小商い講座』が行われており、私が一連の講師を務めさせていただいております。

その関連事業として、『創業者育成スモールスポット事業 つしまテンポラリー』というものがあります。

『つしまテンポラリー(TEMPO RALLY)』とは、様々な一時(temporary)の店舗を結集させる(rally)という意味。
年間参拝者数100万人の津島神社の目の前と駅から津島神社に続く天王通りの真ん中で、実践型で創業者支援を行います。

昨年夏から秋にかけてエントリー~審査が行われ、現在様々なお店が期間限定でオープンしています。

津島神社正面にある店では現在「小商い講座」を受講された西村保江(にしむらやすえ)さんが現在お店をやっているということで、昨日訪問してみました。

お店の正面。

かつては喫茶店が営まれた場所のようです。

f:id:kuon-manage:20170123222307j:plain

西村さんの店名は『ほーむかふぇ花暖(はなだん)』。

以前、こことは別の場所で実際に営業されており、今回再オープンを見据えてエントリーされたとのことです。

f:id:kuon-manage:20170123222306j:plain

こちらが西村保江さん。

写真のとおり朗らかなお人柄で、オープン後は前店のお客さんが大勢、西村さんに会いに来店されているとのことです。

f:id:kuon-manage:20170123222305j:plain

お昼どきなので食事を頼みました。

まずは豆の入った栄養たっぷりのサラダ。

f:id:kuon-manage:20170123222302j:plain

サイフォンで淹れたコーヒーをいただきます。

f:id:kuon-manage:20170123222303j:plain

西村さんは大阪出身。ということからか、たこ焼きも注文できます!

f:id:kuon-manage:20170123222304j:plain

 西村さんは「せっかくの機会だから」と、2月1日(水)まで毎日営業されるとのこと!

「つしまテンポラリー」そのものは3月15日(水)まで実施されるようですので、機会があれば是非お店にお立ち寄りください!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

クラウド時代に「IT導入補助金」は有効か!?

 

スポンサードリンク

平成28年度補正予算にともなう目玉施策(ものづくり補助金、持続化補助金)も1月で締め切りということで、体も気持ちも一段落といったところの方も多いことと思います。

ところで、平成28年度補正予算関連で「これから公募が始まる」という補助金施策があります。

f:id:kuon-manage:20170118123841j:plain

それが、「IT導入補助金」。

www.it-hojo.jp

昨今、さかんに言われるようになってきた企業の「生産性向上」のため、特にIT投資を促進させよう、という狙いで打ち出された施策と思われます。

主な内容は以下の通り。

  •  補助率 : 2/3以内
  • 補助上限額 : 20万円~100万円
  • 第一次交付申請受付 : 2017年1月27日(予定)~2月末 

※予算の消化状況によっては、二次公募もあるかもしれません。

 

スポンサードリンク

趣旨としては大いに賛同するところですが、果たして中小企業(特に小規模事業者)が本施策によってどこまでIT投資を積極的に行うようになるか、疑問に感じます。

というのも今やITツールの主流は「クラウド」。

初期投資はほとんどかからず(無料というのが大半)、むしろ月額利用料を支払うというケースが大半です。

例えば、ホームページをつくるなら「Jimdo(ジンドゥー」。

jp.jimdo.com

ネットショップを開設するなら「BASE(ベイス)」。

thebase.in

税務会計なら「freee(フリー)」。

www.freee.co.jp

自社に最適な業務システム構築ならサイボウズの「kintone(キントーン)」。

kintone.cybozu.com

といったように。

もっとも、これらクラウドサービスの導入を一事業者が単体で行うには、ハードルがあることも事実。そうした外部専門家の支援も補助対象になっているようなので、うまく活用して行きたいですね!

中小企業・小規模事業者等が行う生産性向上に係る計画の策定や
補助金申請手続等について、ITベンダー、サービス事業者、専門家等の支援を得ることで、
目的の着実な達成を推進する制度となっております。

※「IT導入補助金」トップページより引用。

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/