中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

1990年代、CDミリオンセラーが続出したのは何故?PEST分析で考えてみた。

 

スポンサードリンク

はやいもので、本日で2016年もおしまい!

12月31日の昼は、年越しそばを食べながらテレビでYoutubeを流してみていました。

その時観た動画がこれ。

youtu.be

団塊世代ジュニア世代の我々が20代を過ごした、まさに「J-POP黄金時代」のヒット曲の数々!

後にも先にも、こんなにミリオンセラーが続出した年代はありません。

ネットで調べてみたら、なんとミリオンセラーの66.8%が1990年代に発売されているとのこと。

「ミリオンセラー曲の66.8%が1990年代に発売されている」マキタスポーツ | 日刊SPA!

どうして1990年代に限って、ミリオンセラーが続発したのか?

2016年最後のブログも診断士らしく、経営のフレームワークで考えてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

今回用いるのは、「PEST(ペスト)分析」という手法。

www.sbbit.jp

といっても今回は、P(ポリティックス)とE(エコノミー)は省いて、S(ソーシャル)とT(テクノロジー)について。

まずはS(ソーシャル)。

1990年代は上にも書いたように、人口ボリュームゾーンである団塊ジュニア世代が大学生から社会人になった時代。

我々世代が自由にお金を使えるようになったため、CDシングルの売上が激増したと考えられます。

そしてT(テクノロジー)。

80年代は、アナログレコードからCDへの過渡期。

ようやく90年代になってCDプレーヤー(コンポ)が普及してきました。

それまでレコードプレーヤーは「一家に一台」であったのが、CDプレーヤーが「一人一台」になったことで、市場が一気に拡大したのです。

その後のCD売上が激減したのはご存知の通り。

今や音楽は、データをダウンロードして買う時代になりました。

そして売れるCDシングルは、極端に特定グループに偏ることに・・・。

blog.livedoor.jp

今後も経営環境は、P(ポリティックス)、E(エコノミー)、S(ソーシャル)、T(テクノロジー)によって大きく変化を余儀なくされます。

2017年も、そうした変化を先取りして力強く進んでまいりましょう!!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

「ターゲット顧客」という言葉に違和感を感じませんか?

 

スポンサードリンク

まもなく2016年もおしまい!

私は11月~12月にかけて、通常の個別企業への経営支援に加えて、立て続けに「創業セミナー」講師を務めました。

一つは山県市商工会の「やまがた創業塾」、そしてもう一つは津島市にて「創業のための小商い講座」

(参考)

しごとおこし事業

いずれのセミナーでも、オリジナルテキストを作成して利用しているのですが、いわゆる「経営用語」に違和感を感じることもしばしば。

一つは「戦略」

もともと経営学は、経営を戦争になぞらえていることから、戦争(軍事)に由来する言葉が多くあります。

戦術しかり、オペレーションしかり。

しかし経営は戦争とは違います。

競合を打ち負かすことで勝利を得る戦争と違い、経営はお客様の方向を見て行うもの。

あまりに競合を意識するあまり、お客様のことを置き去りにしていては、「勝者なき消耗戦」に陥ってしまいます。

 

スポンサードリンク

そして今回のブログのタイトルにある「ターゲット顧客」

経営やマーケティングの用語として必ず用いられますが、要はお客様をターゲット(標的)に例えているわけです。

f:id:kuon-manage:20161219122704j:plain

ターゲット(標的)というと、お客様を「いかに射止めるか」という対象として見ているような感じを受けます。

お客様は「射止める対象」というよりも、事業を通じて「喜んでいただく対象」であり、もっと言えば「幸せにしたい対象」ではないでしょうか?

これから創業を志す方も、今何かの事業を行っている方も、「お客様」=「ターゲット顧客」という発想を切り替えて、問い直してみてはいかがでしょうか。

あなたは事業を通じて、「誰に喜んでいただきたい」ですか?

あなたは事業を通じて、「誰を幸せにしたい」ですか?

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

「全面非公開」に追い込まれたDeNAの情報サイトWELQ(ウェルク)に欠けていたものは!?

 

スポンサードリンク

f:id:kuon-manage:20161201074221j:plain

DeNAが運営する医療・健康系情報サイト「WELQ(ウェルク)」が、『医療情報に関する記事の信憑性について多数のご意見が寄せられたことを受け、検証および精査した結果、本日11月29日(火)21時をもって全ての記事を非公開』としたことを発表しました。 

welq.jp

私が知る限り、同サイトが全面非公開に追い込まれるまでのきっかけをつくったのは、永江一石氏のこのブログ。

www.landerblue.co.jp

11月24日(木)に投稿されたこのブログから、立て続けにウェルク関連の告発ブログを5本投稿、SNSで拡散して多くの人が知るところとなりました。

ネット界だけの動きだったら、DeNA社もダンマリを決めつけ、事が収まるのをじっと待っていたかもしれません。

しかし、永江一石氏の初めの投稿からわずか5日間で「全面非公開」に踏み切ったのは、東京都の動きでした。

otokitashun.com

 永江一石氏のブログでWELQ(ウェルク)の存在を知った都議会議員のおときた駿氏が、東京都の福祉保健局健康安全部に情報を提供。

 この情報を受け、東京都の福祉保健局健康安全部がDeNA社に呼び出しを通知したところで、同社は観念し「全面非公開」の対応を取ったという経緯のようです。

 

スポンサードリンク

今回の一連のDeNA社の動きをみて感じるのは、非常に優れた「ビジネスモデル」を構築する一方で、企業として最も重要な「理念」が欠けていたということです。

f:id:kuon-manage:20161201080336j:plain

企業理念とビジネスモデルは、いわば経営の両輪。

どちらかが欠けていても、持続的な経営は成り立ちえません。

理念があってもビジネスモデルが不完全であれば、継続的に売上・利益を上げられません。

一方で、ビジネスモデルが優れていても、企業理念が欠けていたら、今回のDeNA社の『WELQ(ウェルク)』のように、何らかの形で社会的にひんしゅくを買ってしまいます。

ちなみに、WELQ(ウェルク)のビジネスモデルというのは、

  • クラウドソーシングを活用してライターに大量の記事を書かせ、
  • DeNAの社員が検索エンジンに有利になるよう指導し(文字数やキーワード選定)、
  • かつGoogleにコピー記事と判定されないよう巧みにリライトし、
  • 検索エンジン上の上位表示によってPV(ページビュー)を稼ぎ、広告収入を得る。

というもの。

(参考)

www.buzzfeed.com

 

ここに、「医学的に正確な記事を提供する」ためのステップを踏むとコストがかかってしまうため、DeNA社は敢えて医学的にも不確かな記事を、そのまま放置していたのです。

おそらく、「医学的に正確な情報提供」を行うためのチェック機能を設けると、コスト的に合わなくなるため、WELQ(ウェルク)が再開されることはないだろう、と私は予想しています。

いずれにしても、「理念なきビジネスモデル」では企業経営(今回は一事業)は成り立たない、ことを経営者・起業家は肝に銘じるべきですね!!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

クラウドファンディングは資金が「集まる」ところではなく・・・

 

スポンサードリンク

「クラウドファンディング」の話題は、ひとまず今回で一区切り。

 (過去記事)

クラウドファンディングの種類 「購買型」、「投資型」とは!? - 中小企業診断士えんさんの視点!

クラウドファンディングのタイプ2種、All or Nothing(オールオアナッシング)ともう一つは? - 中小企業診断士えんさんの視点!

クラウドファンディングに相性が良いプロジェクトは? - 中小企業診断士えんさんの視点!

クラウドファンディングはテストマーケティングに最適! - 中小企業診断士えんさんの視点!

かつてインターネットが普及し始めたころ、「ネット通販を始めれば自販機のように売れる」といった安易な考えを持っている人が少なくありませんでした(今ではほとんどいないと思いますが)。

くだって現在、クラウドファンディングの認知度が上がり始めると、「クラウドファンディングを始めれば、簡単にお金が集まる」と考えてくる人が増えてくる気がします。

答えはというと、当然「No」です。

クラウドファンディングは、資金が「集まる」ところではなく、資金を「集める」ところです。

単にプロジェクトを企画してクラウドファンディングのサイトにアップするだけでは、資金は集まりません。

成功させるには、綿密な下準備が必要となります。

 

スポンサードリンク

そもそも大前提となるのは、そのプロジェクトが「魅力的」であり「共感できる」ものであること。

それを前提として、プロジェクトを多くの人に知らしめる、もっとも強力なツールといえば、Facebookを始めとするSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)

クラウドファンディング、SNSともに「共感」が大きなポイントとなる点が、共通項として挙げられます。

f:id:kuon-manage:20161130221611j:plain

SNSで大きな効果を得るためには、そもそも自分自身がSNSで多くの人と(信頼関係も含め)つながり合っていること、もしくは多くの人とつながっている人にシェアしてもらうことが重要となります。

加えて、プレスリリース実施によるマスコミ掲載も、大きな武器になります。

現時点(2016年)では、「クラウドファンディングを実施すること」そのものが、ニュースになりやすいので、今がチャンスといえるでしょう。

他にも挙げればこまごまありますが、「クラウドファンディングにプロジェクトを公開したら、あとは待つだけ!」では資金は集まりません。

公開前の下準備から公開直後、さらには公開後の要所要所で仕掛け続けることで、クラウドファンディングを「資金を集める場」にしていきましょう!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

「クラウドファンディングを活用したい」と考えている企業様や、「クラウドファンディング活用のセミナー講師を探したい」とお考えの支援機関様は、お気軽にお問い合わせください!

www.kuon-manage.jp

 

スポンサードリンク

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

クラウドファンディングはテストマーケティングに最適!

 

スポンサードリンク

今回も、クラウドファンディングに関する投稿。

前回の投稿で紹介したように、私が考えるクラウドファンディングに相性の良いテーマとしては、

  • イベント開催
  • 店舗・施設の開設
  • 新商品の開発、テストマーケティング

が挙げられます。

3つ目後半に挙げた「新商品のテストマーケティング」を行うのに、クラウドファンディングは非常に有効な手段です。

従来の手法でテストマーケティングを行うには、何らかの調査会社や協力機関、団体の協力を得てリサーチを行い、その結果を集計・分析する必要があり、たいていの場合は多額の費用がかかります。

f:id:kuon-manage:20161128180048j:plain

しかし、クラウドファンディングを活用することによって、(ページ製作の手間やリターン品の準備を別として)費用をかけずに済むどころか、しかも収益を上げる形でのテストマーケティングが可能となります!

 

スポンサードリンク

テストマーケティングに適したクラウドファンディングの代表格は、サイバーエージェント社が運営している『Makuake(マクアケ)』

このクラウドファンディング上には、数多くのユニークな新商品がプロジェクトとしてアップされ、中には目標金額の数十倍の実績を上げている商品も多々あります。

www.makuake.com

ちょうど本日、トップに紹介されていたプロジェクト『完全ワイヤレスイヤホン「MUSE5」最高の装着感で映画館のような立体感のある音を』は、今日現在で1,978%の達成率となっております。

www.makuake.com

このように、目標を大きく達成できなくとも、「この商品を本当に欲しいと思っている人がいるのかいないのか」を探る意味でも、クラウドファンディングは有効です。

例えばこんなプロジェクト。

camp-fire.jp

私はカードゲームをやらないので、この製品が魅力的かどうかのか、さっぱり見当がつきません。しかし寄せられたコメントを見ると、この製品を本当に欲しいと感じている人が一定数いることがわかります。

以下、上記プロジェクトに寄せられたコメントからの引用。

「こういう物が欲しいと思ってました。素敵です。」

「同じくカードゲームを趣味とするものとして、心惹かれました応援させていただきます!」

「このライフカウンターでMTGとバディファイトやります!」

こんな感じで寄せられたコメントは、今後本格的に市場投入すべきかの判断や、PR活動や商談の有効な材料にもなり得ます。

「ユニークな商品を開発したものの、どれだけのニーズがあるのだろう?」と気になっている事業者さんは、クラウドファンディングを活用するのも、一つの手だと思いますよ!

(参考ブログ)

クラウドファンディングの種類 「購買型」、「投資型」とは!? - 中小企業診断士えんさんの視点!

クラウドファンディングのタイプ2種、All or Nothing(オールオアナッシング)ともう一つは? - 中小企業診断士えんさんの視点!

クラウドファンディングに相性が良いプロジェクトは? - 中小企業診断士えんさんの視点!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

「クラウドファンディングを活用したい」と考えている企業様や、「クラウドファンディング活用のセミナー講師を探したい」とお考えの支援機関様は、お気軽にお問い合わせください!

www.kuon-manage.jp

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/