中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

ネット通販全盛の今、地域密着型サービス業にチャンス到来!~ドライブレコーダー購入で考えた~

 

スポンサードリンク

このブログでも最近紹介したように、公道での事故やトラブルに遭ったときは「ドライブレコーダー」が威力を発揮します。

kuon.ensan-blog.net

そこで私も、「まさか」の場合に備えてドライブレコーダーを買ってみました。

www.amazon.co.jp

2017年9月8日現在の価格は4,380円。

私はプライム会員の限定タイムセールで注文したので、わずか2,608円で買えました!

家に到着したのはいいが、困ったことに取付けができない!

正確に言えば、シガーソケットから電源を取り、窓に吸盤でつけてケーブルを這わすだけなら簡単なのですが、ケーブル類をかくして取り付けるのは「自分では無理!」ということに気がつきました。

 

スポンサードリンク

そこで頼りになるのがGoogle先生。

「ドライブレコーダー 持ち込み 取付け 熱田区」のフレーズで検索。

近くで取付けを行ってくれる自動車整備工場を探してみました。

驚いたことに、検索で引っかかってくる自動車整備工場のホームページが少ないこと!

ほとんどの自動車整備工場は自社サイトをもっておらず、ひっかかってくるのは『グーピット』などの総合サイトばかり。

かろうじて自社サイトがあったのは、 北区の株式会社川田自動車さんくらいでした。www.g-kawada.com

熱田区在住の身としては北区はちょっと遠いので、先ほどのグーピットから近場の整備工場を探し、熱田区大宝町の伸光自動車さんに依頼しました。

www.goo-net.com

その日の朝に電話したところ、午後一番で対応いただけるということで来店。

親切接客&良心的な価格で素早く対応いただきました!

シガーソケットからケーブルを這わせ・・・

f:id:kuon-manage:20170908123936j:plain

本体はバックミラー近くに設置していただきました。

f:id:kuon-manage:20170908123910j:plain

といった感じで今回は、一消費者として「ネット通販で購入したものの、自身で設置ができず、近隣のサービス業者にお願いした」という体験をつづってみました。

私の場合はドライブレコーダーでしたが、それ以外の自動車関連用品や家電製品、家具など、「通販で買ったものの設置・設定ができない」というニーズは間違いなく多いものと思います。

そこで頼りになるのが、近所にある「その道のプロ」!

しかしたとえ看板を掲げていても、「お困りごとを抱えている近隣住民」の方に自社(自店)を見つけていただくためには、有効なツールはやはりインターネットです。

ネット通販全盛の今だからこそ、「地域密着型サービス業」にはチャンスが増えている時代といえます。特に同業他社のネット対応が遅れている業界は、自社ホームページを開設するだけで、大いに効果を発揮することでしょう!

「もうそろそろホームページを開設したい」とお考えの「地域密着型サービス業」の方は、ぜひお気軽にご相談ください!

www.kuon-manage.jp

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【プチ自慢】クラウドファンディングの専門家として、中日新聞にインタビューされました。

 

スポンサードリンク

先日Facebookでも投稿しましたが、今後の記録のためにもブログに記しておきます。

8月16日の夜、事務所(わが家)に一軒の電話が。電話の主は、中日新聞の記者を名乗る男性でした。

用件はというと、「最近、花火大会開催に際し、”クラウドファンディング”を活用している例が増えているが、その件に関して専門家の声を聴きたい」とのことでした。

「クラウドファンディングの活用が高まっている背景」や、「クラウドファンディング活用のメリット・デメリット」について尋ねられたので、今までのセミナーで話ししたようなことを、かいつまんでお話ししました。

そして2日後、名古屋のコンビニで買った中日新聞には、それらしき記事はありませんでしたが、ネット上にアップされたことを「Googleアラート」で知らされました。

↓こちらがその画像。おそるべし、Google!

f:id:kuon-manage:20170819182249j:plain

現時点では、記事をネット上で見ることができます(引用の範囲内という理解でキャプチャ)。静岡県(の中でも遠州・浜松エリア?)版でのみ見られる記事のようです。

f:id:kuon-manage:20170819182526j:plain

↓引用元はこちら。今のところ、記事はネットで確認できます(日が経つと、リンク切れするかも)。

www.chunichi.co.jp

 

スポンサードリンク

ちなみに私のコメントは、こんな感じで活用されていました。

中部地方を中心にITコンサルタント業を営む遠藤久志さん(43)は「東日本大震災以降、ふるさとのために役に立とうという意識が強まってきている」と分析する。一方で、「主催者側も、支援者の期待を裏切らないように、誠実に資金を運用しなければトラブルの原因にもなり得る」と注意点を語る。

 クラウドファンディングの記事を書くのに際し、なぜ記者さんは私に聞いてみようと思ったのか?

それは間違いなく「ネット検索」です。

今年度サイトリニューアルを行うにあたり、「クラウドファンディング活用支援」のページを新たに設けたことが功を奏したようです。

www.kuon-manage.jp

いうまでもなく今の時代、最も身近でかつ有効な情報収集手段は、「ネット検索」です。「ネット検索」で自身を見つけていただくためには、ネット上に情報をアップしていくことが不可欠。

「クラウドファンディング」に関する新聞取材は、それを身をもって実感したできごとでした!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

IT導入補助金(二次公募)の採択がようやく発表されました。

 

スポンサードリンク

少し前の話になりますが、IT導入補助金(二次公募)の採択が、8月4日(金)にようやく発表となりました。

www.it-hojo.jp

「ようやく」という表現をしたのは、一次公募が締め切りから2週間弱で採択発表がなされたから(2月末締め切りで3月10日(金)に発表)。一方、二次公募は6月末締め切りに対して、一ヶ月待っても採択発表はありませんでした。「まだまだ待たされそう・・・」と思っていた矢先の8月初旬(4日)に発表があったわけです。

 

スポンサードリンク

二次公募の採択者数は6,800社弱。正確にカウントはしていませんが、PDFファイルで252ページに及んでいるので、27行×252Pで単純計算で6,804社。最終ページが途中で終わっているので6,800社弱と見込めます。

ちなみに一次公募の採択者一覧は289ページあるので、7,800社弱が採択された模様。採択者数だけ見るとほぼ同数に見えますが、一次公募がエントリー数そのものが少なかったので、聴き及んだ話では9割方採択されたと言われています。

一方で、二次公募は申請者番号から類推すると、2万を超えるエントリーがあったとのことなので、競争率は約4倍という狭き門だったようです。

f:id:kuon-manage:20170819175043j:plain

そのような中、私が関わった案件は、「IT導入支援事業者」の立場と「事業計画作成のアドバイスを行う専門家」の立場がありますが、いずれも採択率100%!!!

「何が好成績の要因だったのか」は推測するしかありませんが、やはり重要となったのは「じっくりと練り上げた事業計画」であると思います。

今後も国(経済産業省・中小企業庁)は、中小企業の「生産性向上」のため、次年度以降も「IT導入補助金」を打ち出してくるものと思われます。

今後同施策の認知度が上がれば、競争率はさらにあがることも予想されます。

例によって下半期には毎年恒例「補正予算」の情報が入ってくるかと思いますが、募集開始であわてて準備するのでなく、ぜひ今のうちから自社の「事業計画」を組み立てておきましょう! 

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

ついにわが家でも食器洗い乾燥機(食洗機)を導入しました!

 

スポンサードリンク

タイトルの通り先日(8月5日)、ついにわが家にも食器洗い乾燥機(食洗機)が導入されました!購入したのは、パナソニック製の食器洗い乾燥機『NPTME4W』。本機種は、購入した家電チェーン店(エディオン)のオリジナルデザインとのこと。

 

f:id:kuon-manage:20170809222535j:plain

これで、食器洗いの時間と手間が大幅に軽減され、「設備投資による生産性向上」が実現!

わが家にとっては、3年前に買った床拭きロボット(ブラーバ380j)以来の、家事における便利ツールの導入といえます。

(参考ブログ)

2014年のベストバイは床拭きロボット「ブラーバ380j」! - くおん経営 遠藤久志

わが家では、過去にたびたび食洗機の導入は検討していましたが、その都度断念したのは「設置場所」の問題。

しかし最近、特殊な場所でも食洗機を置ける便利な器具をネットで発見し、懸念材料が払拭される見込みが立ったので、購入に踏み切ったわけです。

↓こちらです。

syokusenki.com

下の写真のように、高さが違っても異なる長さの脚を用いることで、シンクにはみ出す形で食洗機を設置することができました!

f:id:kuon-manage:20170809222631j:plain

 

スポンサードリンク

パナソニックが2014年5月に実施した調査によると、全国の食器洗い乾燥機(ビルトイン型・卓上型)の普及率は、わずか28.4%とのこと。

下のリンクのように、かなり地域によって普及率に差があるようで、トップの奈良県は49.6%とほぼ半数、一方最下位の北海道ではわずか15.5%と奈良県の3分の1にも及びません。

prtimes.jp

それにしても、全国での食洗機の普及率は3割以下と、他の家電製品と比較すれば低水準であるのは間違いありません。

食器洗い乾燥機を使っていない人に理由(複数回答)をたずねたところ、63.6%の人が『キッチンに置くスペースがないから』と回答しています。

f:id:kuon-manage:20170810220329j:plain

出典:prtimes.jp

わが家でも、スペースが一番のネックになっていたわけで、このボトルネックさえ解消できれば、まだまだ普及は進みそうです。

ちなみに導入した人が感じるメリットとしては、「食器洗いにかけていた時間が短縮できた」(57.7%)、「食器洗いの負担・ストレスが減った」(48.4%)が1位、2位を占めており、食器洗いのストレスを食器洗い乾燥機が軽減していることが分かります。

f:id:kuon-manage:20170809231206j:plain

出典:prtimes.jp

実際に使ってみると、今まで手洗いしていたよりも断然ツルツル・ピカピカで、仕上がり具合が気持ちイイ!

f:id:kuon-manage:20170809223050j:plain

一方、デメリットというか留意点としては、

・木の器や漆器は控えた方が良い。

・下洗いは必要。

・食器の置き方に気を付けないと、乾燥しても水が残ってしまう。

・意外と時間がかかる(標準だとドライキープ時間含めて約3.5時間)。

ということが挙げられます。

しかし、置き方はコツをつかめば何とかなりそうで、また時間についてはセット時間を工夫すれば(出かける前や夕食直後など)問題なさそうです。

ちなみに現在、「据え置き型」の食洗機をつくっている家電メーカーは、ほぼパナソニック1社といっても過言ではありません。

kakaku.com

もちろん、わが家のもパナソニック製。

f:id:kuon-manage:20170809222737j:plain

他の国内メーカーはおろか、アジア系・ヨーロッパ系のメーカーも入り込んでいないということは、現時点ではあまり魅力的な市場ではないと言えます。

しかし先ほど述べたように、食洗機の普及率はわずか3割程度。まだ未開拓の市場が大いに残っているのは間違いありません。お掃除ロボット『ルンバ』やダイソンの掃除機のように、今までの常識を覆す製品が開発されれば、一気に市場拡大が進むかも!?

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

お金をかけずにお客さまを増やす!蒲郡市「竹島水族館」に学ぶ。

 

スポンサードリンク

3連休の初日は、妻の実家である東三河地方に行ってきました。

「子どもを連れてどこに行こう?」と相談したところ、「豊橋動物園(のんほいパーク)は炎天下でツライ。水族館はどう?」と提案され、初めて蒲郡市の「竹島水族館」に行ってきました!

事前にネットでチェックした通り、外観は見ての通り。よく言えばレトロな雰囲気です。

f:id:kuon-manage:20170717154901j:plain

(参考)

bunshun.jp

しかに中に入ってビックリ!

水槽のガラスや水がとてもキレイに保たれており、魚をはじめとした海の生き物たちの魅力を存分に楽しむことができます。

入口すぐにはクラゲ。

f:id:kuon-manage:20170717154936j:plain

淡水魚コーナーには、大型魚のアロワナが!

f:id:kuon-manage:20170717155008j:plain

ナマズも泳いでいました。

f:id:kuon-manage:20170717155041j:plain

海のコーナーにうつり、ウツボがおどろおどろしく泳いでいました。

f:id:kuon-manage:20170717155105j:plain

カサゴの一種かな。

f:id:kuon-manage:20170717155134j:plain

館内は狭く、あっという間に一周できます。

 

スポンサードリンク

水槽コーナーには、色とりどりの小さな魚たちが泳いでいました。

金魚に、

f:id:kuon-manage:20170717155159j:plain

カクレクマノミも!

f:id:kuon-manage:20170717155222j:plain

館内奥にはカピバラが!

この写真がガラス越しですが、手前までくれば生のカピバラを見ることができます。

f:id:kuon-manage:20170717155241j:plain

出口付近にあるのは、「さわりんぷーる」コーナー。

こちらのコーナーでは、オオグソクムシや深海魚、タカアシガニを、実際に触ることができます。

f:id:kuon-manage:20170717155308j:plain

こちらが「オオグソクムシ」。「オオグソ」の文字が目に入ってきますが、「大具足ムシ」であると思われます。

f:id:kuon-manage:20170717155342j:plain

タカアシガニは、自身の体の大きさと同じくらいの水槽に入れられていました。

お客さんをハサミではさまないよう、ハサミはテープでぐるぐるに巻かれた姿が、ちょっと痛々しい感じ。

f:id:kuon-manage:20170717155421j:plain

竹島水族館で(たぶん)一番のアトラクションであるアシカショーは、すでに終了していましたが、練習風景を見ることができました!

f:id:kuon-manage:20170717155452j:plain

といった感じで、短い時間ながら竹島水族館を楽しんできた訳ですが、現在ちまたで竹島水族館が注目を浴びているのは、魚よりもPOP!。

この日(7月15日)の夜、全国放送(TBS 情報7DAYS)で竹島水族館が紹介されたようですが、ここでも注目すべきは職員さんの手づくりPOPだったようです。

www.facebook.com

POPについては魚に目を奪われて、十分に気を留めることができませんでしたが、こちらのブログでたっぷり紹介されています。

ameblo.jp

yakudat1.com

竹島水族館はかつて年間来場数が12万にまで落ち込み、廃業も検討されたようですが、2015年には年間来場数が過去最高の30万人を突破!

おそらくその後も来場者数は増え続けているものと思われます。

注目すべきは、V字回復のためにほとんどお金をかけていないということ。

それは建物の外観や、いまだに単独のホームページがなく、蒲郡市ホームページの一部であることからもうかがえます。

竹島水族館 - 竹島水族館 - 愛知県蒲郡市公式ホームページ

では、なぜ竹島水族館はV字回復できたのか?

一つは基本の徹底。すなわち泳ぐ魚を楽しんでいただくため、きれいなガラスの水槽と水質を常に維持していること。

もう一つは、職員さんの自主性を活かしての手書きの創意あふれるPOPの数々!

幸いなことに、今の時代はお客様に本当に満足いただけたら、お客様自らSNSで情報発信していただけます。

ちなみにインスタグラムでの「#竹島水族館」の投稿は、本日現在10,577件。

www.instagram.com

トリップアドバイザーでは、蒲郡市の観光スポットで 27件中 2 位!

口コミは123件書きこまれています。

www.tripadvisor.jp

初となる今回は、魚を中心に見て回ったのでPOPには十分に気を配れませんでしたが、次回はしっかり注目して見て回りたいと思います!

皆さんも東三河にお越しの際は、ぜひ竹島水族館にお立ち寄りください!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

 

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/