読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業診断士えんさんの視点!

岐阜県を中心に活動している中小企業診断士のえんさんこと遠藤久志が、独自の視点で世相・経営・マーケッティングの本質に迫ります!

頼りになる公的支援機関コーディネーター(よろず支援拠点等)を見分けるたった一つの方法

 

スポンサードリンク

新年度となり、そろそろ各支援機関も動きが活発になってきた感じです。

4月中旬になり、私の方にも本年度のセミナー依頼がボチボチ舞い込んできております(3つは6月開催、そして本日は11月開催のセミナー)。

さて、昨年度まで私は、週二回「岐阜県よろず支援拠点」のコーディネーター職を務めていましたが、更新をせず本年度はオールフリーの状況です。

f:id:kuon-manage:20170425155116j:plain

※画像はサントリー「オールフリー」。

一方、「よろず支援拠点」そのものは今年度も継続実施されているので、新メンバーも数名加わり、新たなスタートを切ったようです。

(参考)岐阜県よろず支援拠点

http://www.gpc-gifu.or.jp/monodukuri/yorozu/index.asp

ところで、世の中には「よろず支援拠点」を始め、様々な公的支援機関があり、そこには職員に加えて様々なコーディネーター(名称は様々)の方がおられます。

 中小企業経営者の中には、「国、県、市と様々な公的支援機関があり、どこに相談に言ってよいのかわからない」と考えの方も多いかと思います。

 

スポンサードリンク

常勤職員さんと異なり、多くのコーディネーターの方は、週1~3回支援機関に勤務し、その機関から対価を得ることで無料経営相談に応じています。

それらコーディネーターの多くは、個人事業主(もしくはコンサル会社の代表)として自らも経営を行っています。

※〇〇ビズのセンター長さんは、週5日間フルで活動しているので例外。

そこでタイトルの、「頼りになる公的支援機関コーディネーター(よろず支援拠点等)を見分けるたった一つの方法」とは?

f:id:kuon-manage:20170425161946j:plain

 

それはズバリ、「その公的支援機関以外で仕事を行っているか?」

相談者の売上アップに大して有効なアドバイスを行うのに、自らが「売れっ子」になっていなくては、机上の空論で終わってしまいます。

そのコーディネーターが自分自身のホームページやブログを開設していれば、そこから活動ぶりはチェックできます。ない場合は氏名をググってみるとよいでしょう。何かしら第三者からの仕事の依頼があれば、検索エンジンに引っかかってくるはずです。

独立間もない駆け出しの診断士とかはともかく、ある程度キャリアのありそうな人が「本当に頼りになるかどうか」の判断材料として、有効だと思いますよ!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

SIMフリースマホに変えて2週間、その後の使い勝手について書いてみる。

 

スポンサードリンク

今月上旬、長年にわたって利用していたiPhone5とキャリアであるソフトバンクを解約し、思い切ってSIMフリースマホ(Zenfone3&U-mobile)に乗り換えたという記事を投稿しました。

kuon.ensan-blog.net

あれから約2週間経過し、だいたいの使用感がわかってきたので、改めてその使い勝手について書いてみたいと思います!

1.通信(U-mobile)について

今回通信サービスとして申し込んだのは、株式会社U-NEXTが提供しているサービス「U-mobile」のMAX25GBプラン。3分以内の通話はかけ放題(月50回まで)を選択しも、月額3,380円というお値打ちプランです(3分超過分については、20円/30秒)。

umobile.jp

通信状況は、総じて良好

ときどき、遅くなったりネットが切れたりということは発生しますが、すぐに復帰するので、さほど問題にはなりません。

今のところ、データ使用料は2.72GB

Youtube動画を見るなどヘビーに使わない限り、月間25GBの利用制限は気にしなくても良さそうです。

f:id:kuon-manage:20170424143119j:plain

また、ノートPCやiPadを外出する際にネットを使えるようにする「テザリング機能」のおかげで、月額4,000円強を支払っていたワイモバイルのポケットWi-Fiも解約することができました!

テザリングでの通信速度はやや遅めではありますが、モバイルWi-Fiを持たなくても良いことを考えれば、十分にメリットの方が大きいです。

2.スマートフォンについて

今回導入したのは、ASUS社のSIMフリースマホ『Zenfone3』

SIMフリースマホの中でも比較的割高(といっても3万円台)、かつ最新機種(2016年10月発売)ということで、性能的には十分です!

大きさやボタン位置など、初めはiPhone5sと違って違和感を感じましたが、しばらく使っていれば自然になじんできます。

大きさについては、近いところがかすむようになってきたこともあり(いわゆる”老眼”ってやつ?)、4インチしかないiPhone5sには戻れません!

 

スポンサードリンク

便利な機能としては、指紋認証による起動。

指先でなく指の中央あたりを押さえつけないと「不一致」とみなされてしまうので注意が必要ですが、暗証番号を押す手間がなくなり、また第三者に閲覧されるリスクも減りました。

f:id:kuon-manage:20170424140555j:plain

不便と感じたのは、このフリック入力

これはZenfoneシリーズ独特のキーボードのようですが、文字を押すと十字ではなく扇式に候補が表示されるという仕様。

いままで「い」は真横だったのに、当機種では左斜め上に指をスライドさせる必要があります。

f:id:kuon-manage:20170424140631j:plain

と言いつつも、やはりこちらも「慣れ」によって解消されそうです。

あともう一つ、「ちょっと不便」と感じたのは、ホームボタン等が液晶画面の外側にあること。暗いところで操作しようとすると、この3つの文字が見えづらいのです。

個人的には、凹凸感もないのだから液晶の中に収めていただきたかったところです。

f:id:kuon-manage:20170424141606j:plain

あとこちらは、Android共通だと思いますが、カーソルキーがあるのは便利!

ついていて当たり前の機能だと思うのですが、なぜかiOSでは非搭載。

f:id:kuon-manage:20170424140711j:plain

最後にカメラ機能について。

アウトカメラは1,600万画素、F2.0という仕様。

センサーサイズは1/2.8で、一般的なデジカメ(1/2.3)よりもやや小さいですが、晴れているところで撮影する分には、ご覧の通りキレイに写真が撮れます!

f:id:kuon-manage:20170424140758j:plain

インカメラは800万画素、F2.0。

手ぶれ補正も内蔵しているとのことで、室内でも手ぶれをさほど気にすることなく撮影できます(画像はモナコ妃グレース・ケリーとの2ショット)。

f:id:kuon-manage:20170424140829j:plain

といった感じで、初めの設定はいくつかの手続きを踏む必要があって面倒ですが、いったん使い始めてみるとマイナス面は思った以上に少なく、「SIMフリーに変えて良かった!」というのが率直な感想です。

最後に、5インチスマホ(正確には5.2インチ)に変えたことで、iPadの使用率がぐっと減りました。仕事上、必要な場面があるので手放せませんが、日常使いでは5インチスマホ1台で十分な印象です!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

過剰なサービスは、むしろ顧客不満足を引き起こす!?

 

スポンサードリンク

「サービス」とは?

・個人(客・来訪者)や社会や家族に対する、奉仕的な活動、また、職務としての役務提供。 「訪問介護―」
・客への接待。 「―がよい旅館」
・商売で値引きをしたり客への便宜を図ったりすること。 「百円―しておきます」

 ネットで検索すると、こんな定義が出てきました。

例示でもあるように、日本ではとかく「サービス」=「無料」という誤解がまかり通っています。

しかし事業を営む以上、何らかのコストは発生しているわけで、無償でサービスを提供すれば、どこかにしわ寄せがきてしまいます。

また、「良かれ」と思って行ったサービスが、かえってお客様の不満足を招いてしまうこともあります。

今日は、そんな私の体験をご紹介。

本日ランチに立ち寄ったのは、とある喫茶店。

注文したのはスパゲッティセット。カッコには「サラダ・コーヒー付」と書いてあります。

f:id:kuon-manage:20170419151519j:plain

サラダも珈琲も予定通り出てきましたが、驚いたのはメニューに書いていないデザートが出てきたこと。しかも3品

f:id:kuon-manage:20170419152347j:plain

 

スポンサードリンク

お店としては、「よりお客様に喜んでいただこう」という思いで、これらのデザートを用意したのでしょう。

しかし今や、デザートを出されて喜ぶお客様ばかりではありません。

中にはダイエット中、さらには持病で糖分を控えなくてはならない方もいることでしょう。

これらの人々にとっては、過剰なサービスは「ありがた迷惑」なのです。

過去には、ラーメン屋で「ライス無料サービス」ということで、頼んでもいないライスを出されたこともありました。

f:id:kuon-manage:20170419154216j:plain

あとは、「普通盛り」がやたらとボリュームたっぷりな定食屋とかも困りもの。

出された以上、残すのは気が引けるし(余りに多ければ残しますが)、かといって食べ過ぎは控えたい。

私を含め、現代ではそう感じる人がむしろ多数派だと思います。

というわけで「過剰なサービス」は、「顧客満足」が増すどころかむしろ「顧客不満足」を引き起こしてしまいかねません。

サービス業に限らずあらゆる事業者は、お客様が「何を」、「どれくらい」求めているのか、今一度問い直してみてはいかがでしょう?

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

週刊WEBマガジン『岐阜人(ぎふびと)』を開設しました!

 

スポンサードリンク

 すでにFacebookで友人・知人の方にはご案内しましたが、今年度より自主事業として、岐阜県のチャレンジし続ける中小企業経営者を紹介するWEBマガジンサイト『岐阜人(ぎふびと)』を開設しました。

岐阜人(ぎふびと)画像

↑クリックするとリンク先に飛びます。

このブログでもたびたび、中部地方の中小企業や経営者を紹介してきましたが、今回改めて専用サイトを開設し、毎週更新しようという試みです。

開設の趣旨は下記エントリーでも書かせていただましたので、ご一読ください。

voice.gifu-bito.com

voice.gifu-bito.com

 

スポンサードリンク

さらに言うと、私自身としてはWEB上でコンテンツメディアを運用することによって、今後のWEBコンサルとして活動していく中での色々とノウハウを蓄積していきたい、と考えております。

いずれにしても、本サイトが今後も定期的に更新されるためには、インタビューに応じていただける経営者の方々がいてこそ。

紹介させていただいた中小企業のPRにもつながるよう、本サイトを大いに盛り上げていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします!

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

「NHK大河ドラマに戦国時代と幕末が多い理由」と「経営計画」に共通することは?

 

スポンサードリンク

NHKの看板番組と言えば、朝の連続テレビ小説、紅白歌合戦、そして日曜夜の大河ドラマ

ご存知の通り、大河ドラマの舞台で圧倒的に多いのが、戦国時代と幕末

f:id:kuon-manage:20170415212232j:plain

過去10年の大河ドラマとその時代は以下の通り。

・2008年 篤姫(幕末)

・2009年 天地人(戦国時代)

・2010年 龍馬伝(幕末)

・2011年 江~姫たちの戦国~(戦国時代)

・2012年 平清盛(源平時代)

・2013年 八重の桜(幕末)

・2014年 軍師官兵衛(戦国時代)

・2015年 花燃ゆ(幕末~明治時代)

・2016年 真田丸(戦国~江戸時代)

・2017年 女城主直虎(戦国時代)

(参考)

大河ドラマ 一覧 | 大河ドラマ

と、実に『平清盛』をのぞき、すべて戦国時代か幕末!

あまり戦国時代か幕末が多いので、たまに違う時代をテーマに取り上げると、だいたい視聴率が振るわなくなり、テコ入れに戦国時代か幕末を持ってくるというパターンが繰り返されています。 

 

スポンサードリンク

なぜ、NHK大河ドラマの時代設定は、戦国時代か幕末が多いのか?

ひと言でいえば、その2つの時代は日本国民の多くが、「共通認識」としてストーリーを共有しているから。

大河ドラマという長期の放映となると、「この先何が起こるかわからない」という出口の見えないドラマよりも、多くの国民が共有しているストーリーをなぞりながら、追体験していくという方が、視聴者を惹きつけやすいのでしょう。

例えば戦国時代なら、「桶狭間の合戦」、「川中島の合戦」、「本能寺の変」、「関ケ原の合戦」、「大坂の陣」など。

幕末なら、「ペリー来訪」、「安政の大獄」、「桜田門外の変」、「池田屋事件」、「江戸城無血開城」、「龍馬暗殺」など。

このように、NHK大河ドラマの「視聴者を引き付け続ける秘訣」を、経営に置き換えると、「経営計画」こそが皆で共有する「ストーリー」と位置づけられます。

すなわち、「うちの社長はこれから何をやるのかわからない」、「自社がどの方向に向かっていくのかわからない」状態では、従業員を始めとしたステークホルダー(利害関係者)を惹きつけ続けるのは困難です。

しかし「経営計画」というストーリーを関係者間で共有することで、「自社はどこに向かっているのか」「目指すべき目標に対し、今はどれくらいの位置まで来ているのか」を把握することができます。

「今の立ち位置」と、「どこに向かっているのか?」がわかれば、従業員は「今、何に注力すべきか」「どれくらいのペース配分で行えばよいのか」がわかり、疑心暗鬼に陥ることなく、やるべきことに集中できるようになるのです。

というわけで、経営者の皆さんは、従業員を始めとしたステークホルダーを引き付け続けるためにも、NHK大河ドラマのように自社のストーリーを共有しましょう!

 

それでは!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

岐阜県を中心にする中小企業診断士えんさん(遠藤久志)の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp/

Twitterはこちらです。

https://twitter.com/ensan7HDversion

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

スポンサードリンク

【事務所情報】

*事務所名

 くおん経営

*公式サイト

 http://www.kuon-manage.jp/